ここから本文です

道後で餅つき大会 住民ら250人がつきたて味わう

2019/12/8(日) 16:53配信

愛媛新聞ONLINE

 道後、湯築地区の児童らが育て、収穫したもち米を使った「三世代交流もちつき大会」が8日、愛媛県松山市道後町1丁目の道後公民館であり、地域住民ら約250人がつきたての味を楽しんだ。
 今秋に収穫した約90キロのもち米が蒸し上がると、児童らは地域住民らの助けを借りながら「よいしょ」と元気よくきねを振り下ろした。参加者はつきたての餅にあんこを包み、おいしそうにほお張っていた。

愛媛新聞社

最終更新:2019/12/9(月) 13:40
愛媛新聞ONLINE

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事