ここから本文です

【先週の「いだてん」】情熱をぶちまける大松!火の鳥ニッポンを呼び覚ました瞬間……第45話

2019/12/8(日) 17:00配信

ねとらぼ

 今週の「いだてん」放送直前のおさらい! 前週の内容と評価をお届けします。

 1964年、東京オリンピック開催。それを実現させるために奔走した金栗四三、田畑政治の姿を脚本家宮藤官九郎が描きました。主人公が1部、2部で交代する構成や数多くの伏線が張り巡らされたストーリー展開で話題のいだてん。終盤になり、いよいよ物語は盛り上がっています。

【出演者たちのオフショット!】

●「いだてん」第45話(12/1放送)のあらすじ

 事務総長を解任されてしまった田畑(阿部サダヲ)だったが、決してあきらめることはなく、自宅に岩田(松坂桃李)や松澤(皆川猿時)ら組織委員を集めてひそかに開催準備をあやつり始める。

 田畑とたもとを分かつ形となった東京都知事・東龍太郎(松重豊)は、日本橋を覆う高速道路や渋滞の悪化など、開催への批判を一身に浴びていた。元ボート選手としてスポーツへの熱い思いを秘め、1940年でかなわなかった悲願のオリンピック開催に向けて奮闘するが──。(『いだてん』公式サイトより)

●第45話最大の盛り上がりポイントは20:40頃

 今回、最も盛り上がったのは、大松(徳井義実)が女子バレーボール選手に対して、「俺に付いてこい」と叫んだシーン。田畑の事務長解任が決まって数日後、大松は女子バレーボール日本代表監督の退任を宣言します。しかし、田畑らの説得によって、大松は再び監督を務める意志を固め、凛とした表情で胸を張り、「俺に付いてこい」「全員、俺が嫁にいかしたる」と言った姿は反響を呼びました。

●大松の男気が素敵すぎる!

 東京オリンピック開催までの残された2年は、年頃の女子バレーボール選手たちにとっては長く、大松は彼女らの青春時代を奪っているのではないかと悩み、退任を決断します。そんなある日の昼下がり、退任撤回を懇願しに大松の下を訪れた田畑に対し、『青春を奪いたくない』と断ります。さらに彼女らを“東洋の魔女”と呼ぶマスコミに『魔女いうなマスコミ!!』と大松は激怒。この大松の雄叫びは多くの視聴者に突き刺さり、「素晴らしいシーン」「ありがとう放送してくれてありがとう」など、感動の声でネット上が賑わいました。

 特に、大松が意を決して『俺に付いてこい!』と叫んだ場面は、視聴者の心を震わせたようです。Twitter上には、「徳井めちゃめちゃいい演技するやん」「徳井さんの大松監督出さずしてどの大松監督出すの」など、高い演技力によって忠実に再現された鬼の大松監督を絶賛する意見が散見しました。ファンの中には、「この言葉がオリンピック最前線に立ってチームを率いるまーちゃんそのものでもあると感じた」「苦悩する鬼コーチの大松監督はやはりもう一人の田畑だった」との感想も。

1/2ページ

最終更新:2019/12/8(日) 17:00
ねとらぼ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事