ここから本文です

大宮GK清水慶記が契約満了で退団「悔しくて申し訳ない気持ちでいっぱい」

2019/12/8(日) 14:15配信

ゲキサカ

 大宮アルディージャは8日、契約期間満了に伴い、GK清水慶記(33)との契約を更新しないことを発表した。

 2008年から大宮に所属し、ザスパクサツ群馬やブラウブリッツ秋田に期限付き移籍して経験を積んだ清水は、J1通算10試合、J2通算73試合、J3通算18試合に出場。今季の公式戦出場はなかった。

 クラブを通じて清水は「2008年に加入し、今シーズンで9年間、期限付き移籍期間を含めると12年間プレーさせていただきました。クラブには色々な経験を積まさせていただきましたが、その恩をピッチ上で返すことができず、悔しくて申し訳ない気持ちでいっぱいです。そんな中でも温かい声援を送ってくださったファン・サポーターの皆さまに、心から感謝しています。まだ現役を続けたいと考えていますので、大宮での経験を生かしていきたいと思っています。最後になりますが、このクラブで出会えた全ての方に感謝しています。今までも、これからも、大宮アルディージャが大好きです。本当にありがとうございました」と感謝の言葉を述べた。

最終更新:2019/12/8(日) 14:15
ゲキサカ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事