ここから本文です

群馬のJ2復帰決定!J2自動降格圏の鹿児島は1年でJ3降格へ

2019/12/8(日) 15:05配信

ゲキサカ

 J3リーグ最終節が8日に行われ、順位が確定した。

 前節を終えて、ギラヴァンツ北九州のJ3優勝およびJ2昇格が決定。自動昇格圏の2位にザスパクサツ群馬が浮上し、同じ勝ち点60で3位に藤枝MYFC、勝ち点3差でロアッソ熊本が4位に位置していた。なお、藤枝は2020シーズンのJ2ライセンスを保有していないため、2位に入ってもJ2へ昇格はできない。

 2位争いに注目が集まる中、13時3分に一斉にキックオフ。群馬は敵地で福島ユナイテッドFCと対戦し、終盤に1点を返されたが、2-1で逃げ切った。王者・北九州をホームに迎えた藤枝は、後半アディショナルタイムにMF岩渕良太が決勝点を挙げ、1-0で劇的勝利をおさめた。逆に熊本は、後半アディショナルタイムに痛恨の失点を喫し、AC長野パルセイロに0-1で敗れた。

 この結果、3連勝で勝ち点63とした群馬が得失点差により2位が確定。2017年以来のJ2復帰が決定した。一方、J2で自動降格圏21位に終わった鹿児島ユナイテッドFCの1年でのJ3降格が決まった。

【順位表】
1.北九州(66)+24
2.群馬(63)+25
3.藤枝(63)+11
4.富山(58)+23
5.富山(57)+6

【J3最終節結果】
12月8日(日)
八戸 2-3 C大23 [ダイスタ]
岩手 1-1 讃岐 [いわスタ]
秋田 0-0 相模原 [ソユスタ]
福島 1-2 群馬 [とうスタ]
長野 1-0 熊本 [長野U]
藤枝 1-0 北九州 [藤枝サ]
沼津 0-3 富山 [愛鷹]
鳥取 0-3 YS横浜 [とりスタ]
F東23 5-1 G大23 [駒沢]

最終更新:2019/12/8(日) 15:08
ゲキサカ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事