ここから本文です

横浜FMの“必殺技”コンビが得点王! 同クラブW受賞は史上初「チームメートに感謝」

2019/12/8(日) 18:22配信

ゲキサカ

 Jリーグは8日、都内のホテルで年間表彰式『Jリーグアウォーズ』を開催した。得点王は共に15ゴールを挙げた横浜F・マリノスのFW仲川輝人とMFマルコス・ジュニオール。同一クラブからの複数輩出は史上初の快挙となった。

 15年ぶりのリーグ制覇を牽引した攻撃力で、個人記録でも歴史に名を残した。合計得点数は今季リーグ最多の68点。右ウイングのポジションで相手ディフェンスを切り裂き続けた仲川、トップ下やセンターフォワードなど複数ポジションで輝きを放ったM・ジュニオールが同一クラブで揃って得点王に輝いた。

 人気アニメ『ドラゴンボール』の必殺技を模したゴールパフォーマンスでも話題を呼んだ両選手。“クリリン”の愛称を持つM・ジュニオールがブラジル時代にも披露していた『かめはめ波』をはじめ、『気円斬』、『魔貫光殺法』、『元気玉』、融合技『フュージョン』など、ゴールを量産しても次々に技が繰り出された。

 仲川はEAFF E-1選手権に臨む日本代表に帯同しているため、M・ジュニオールのみ出席。「得点王になれてすごく嬉しいし、チームメートに感謝したい」。晴れ着姿で登場した“クリリン”はベストゴールにJ1第6節・浦和戦の左足で決めたシュートを挙げ、「懸命に努力してきた」と過去の鍛錬を誇った。

最終更新:2019/12/8(日) 18:22
ゲキサカ

こんな記事も読まれています

スポーツナビ サッカー情報

あなたにおすすめの記事