ここから本文です

ライガー、引退試合にリー&ヒロム指名!勝てば現役続行?

2019/12/9(月) 0:00配信

デイリースポーツ

 「プロレス・新日本」(8日、広島グリーンアリーナ)

 来年1月に引退する獣神サンダー・ライガーが地元広島での最後の試合を白星で飾り、引退試合の相手に元IWGPジュニアヘビー級王者ドラゴン・リー改めリュウ・リーと高橋ヒロムを熱望した。

【写真】試合を終えて地元広島のファンと握手するライガー

 ライガーは飯伏幸太、タイガーマスクと組んで、オカダ・カズチカ、YOH、SHO組と激突。地元の大声援を受けながら、YOHに雪崩式フランケンシュタイナーを繰り出し、オカダにカウンターの掌底を放つなどハッスルし、最後は飯伏がSHOをカミゴェで仕留めた。

 試合後は、場内のビジョンにリーが映り、ライガーに「あなたと戦いたいと思っています」と対戦を要求。これにライガーは「彼からの挑戦状だと受け取りました」と受諾の意志を示し、さらに「戦いたい人がもう1人います。首のケガから復帰したあの選手(後に高橋ヒロムと公表)です。2人まとめてかかってこい」と、来年1月5日・東京ドーム大会での引退試合の相手に指名した。

 バックステージでは「どちらかとシングルか、タッグできてもらっても結構。会社にカードは任せます」と試合形式は問わない考えを示した。ヒロムを指名したことを「新日ジュニアを背負って、まだ余りあるぐらいの素質。すばらしい物を持っているし、せっかくのケガで、このタイミングに帰ってきてくれたんだから」と説明しながらも、「彼は、ボクが引退を表明したときからライガーとやらせろと言っていました。新たな彼の時代を作ろうとしていると思う。でも、そんなに夢なんかつかめさせるか。最後の最後までライガー。そういうこと」と意地を見せた。

 さらに、「(引退試合を)務めてもらうじゃない。オレは挑戦を受けたと思っているから。勝ったらどうすんだよ」と報道陣に逆質問。「現役続行」の声が出ると、「だな。すごくねえか。世界中から非難受けるぞ。でも、オレのせいじゃないからな」とその意志をほのめかしながらも、「ほんとうにオレを木っ端みじんにして欲しい。やっぱり引退を決意してよかったって。『今の新日のリングには、オレはかなわねえや』。そういうセリフを吐かせてほしい」と世代交代マッチになることを期待した。

 また、リーとヒロムとのタッグ戦になった場合のパートナーには佐野直喜を希望した。

最終更新:2019/12/9(月) 8:45
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ