ここから本文です

【新日本キック】ぱんちゃん璃奈がタイの美女戦士を圧倒しプロ初KO勝利

2019/12/9(月) 0:10配信

イーファイト

新日本キックボクシング協会
『SOUL IN THE RING CLIMAX』
2019年12月8日(日)東京・後楽園ホール

【フォト】ぱんちゃんの威力ある蹴りにペットチョンプーは苦悶の表情

▼第5試合 女子国際戦46kg契約 3分3R
○ぱんちゃん璃奈(STRUGGLE/KNOCK OUT女子48kg級)
TKO 1R2分20秒 ※ドクターストップ
●ペットチョンプー・モー.クルンテープトンブリー(タイ/泰国女子48kg級)

 ぱんちゃんは今年2月にデビューし、ここまで5戦5勝。長いリーチから生み出されるパンチと蹴りを武器に10月には団体王者クラスも撃破しているが、ここまでKO勝利はない。今回2度目の国際戦となる相手はボクシングで世界戦経験もあるというムエタイ戦士・ペットチョンプー。前日の計量時には「しっかり倒して決めて、来年ベルトにつなげたい」と語っていたぱんちゃんは宣言どおりのKOなるか。

 開幕直後にぱんちゃんが右ロー、右ハイを打ち込むとペットチョンプーはこの2発で早くも苦悶の表情。パンチを返していくもパワーに勝るぱんちゃんが右ストレート、右ミドルで攻めるとペットチョンプーはたまらず後退を始める。コーナーに下がるところを逃がさないぱんちゃんがストレートを打ち込むと、たまらずペットチョンプーが尻もちをつくようにダウンする。

 立ち上がったもののハイキックでアゴをカットしていたペットチョンプーはドクターチェック。珍しい切り方ではあったが、ここでドクターからストップがかかりぱんちゃんのKOが確定。勝利が決まった瞬間、ぱんちゃんは思わず歓喜の声。今年最後の一戦をプロ初の劇的なKO勝利で飾った。

最終更新:2019/12/9(月) 0:10
イーファイト

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事