ここから本文です

【ターコイズS】牝馬限定のハンデ戦に好メンバー集結/JRAレースの見どころ

2019/12/9(月) 10:00配信

netkeiba.com

 前走レコード勝ちのトロワゼトワルを始め、好メンバーが揃った一戦。制するのは果たしてどの馬か。出走を予定している主な有力馬は次の通り。

■12/14(土) ターコイズS(3歳上・牝・GIII・中山芝1600m)

 トロワゼトワル(牝4、栗東・安田隆行厩舎)は前走の京成杯AHで日本レコードを叩き出し完勝。高速馬場の影響などはあれど、それまでのレースぶりから一変した衝撃的な内容だった。ある程度ハンデを背負うことにはなりそうだが、同舞台なら改めて期待したい。

 シゲルピンクダイヤ(牝3、栗東・渡辺薫彦厩舎)は桜花賞で2着、秋華賞で3着と、同世代牝馬の中では上位の成績を残してきた。今回は初の古馬混合戦、初の中山と未知数な面は多いが、未勝利戦以来の勝利を掴むことができるか。

 その他、府中牝馬S2着やその他にも実績多数のフロンテアクイーン(牝6、美浦・国枝栄厩舎)、フラワーCの勝ち馬コントラチェック(牝3、美浦・藤沢和雄厩舎)、修学院S(3勝クラス)完勝のエスポワール(牝3、栗東・角居勝彦厩舎)、京成杯AHで2着のディメンシオン(牝5、栗東・藤原英昭厩舎)、福島牝馬Sを制したデンコウアンジュ(牝6、栗東・荒川義之厩舎)なども上位争いの圏内。発走は15時25分。

最終更新:2019/12/9(月) 11:00
netkeiba.com

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

あなたにおすすめの記事