ここから本文です

「猫は液体」説を完全再現 器にフィットした猫ちゃんのニャンともかわいいポーチが登場

2019/12/9(月) 10:00配信

ねとらぼ

 「猫は液体」説を徹底研究して完成したというポーチ「みっちりフィット 猫は液体ポーチ」が、フェリシモ猫部から登場しました。

【画像:液体化したサバトラ猫ちゃん】

 「猫は液体」説とは、猫ちゃんたちが器に合わせて自由自在に形を変えることに目を付けた学説。2017年にはイグ・ノーベル物理学賞を受賞しています。完成したポーチは全部で3種類。器の端にアゴを乗せてくつろぐ〈サバトラ〉、お風呂に入っているような姿の〈ハチワレ〉、全ての肉球が丸見えになっている〈ポインテッド〉というラインアップです。

 猫ちゃんの毛並みはPVC素材の間にフェイクファーを挟み込んで再現。手足やシッポは鮮明なプリントになっています。お顔は厚手の合皮にプリントして別パーツで縫い付けてあります。裏面は透明なので中身を探すのも簡単。底にはマチがあり、たっぷりと収納できます。

 サイズは縦約11センチ(顔パーツ含まず)、横約23センチ、まち幅約7センチ。価格は1個2400円(税別)で、うち72円は「フェリシモの猫基金」として飼い主のいない動物の保護などに運用されます。フェリシモ猫部はTwitterで「猫が液体である」という証拠写真を募集。集まった写真を研究して今回の製品が完成したそうです。

ねとらぼ

最終更新:2019/12/9(月) 10:00
ねとらぼ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事