ここから本文です

アイシン精機の乗り合いサービス「チョイソコ」、兵庫県猪名川町で実証開始

2019/12/9(月) 8:30配信

レスポンス

アイシン精機が開発した乗り合い送迎サービス「チョイソコ」のシステムが、ネッツトヨタ神戸を通じ、来年度(2020年度)から兵庫県猪名川町で実証実験を開始することとなった。

[関連写真]

チョイソコは、主に高齢者や交通不便者を対象とした、電話申込みで自宅最寄り乗降場から希望の行き先乗降場まで他利用者との乗り合いで送迎する移動サービスだ。複数の利用者の目的地・到着時刻を専用システムにより計算。複数の利用者が乗り合わせた上で目的地まで送る仕組みとなっており、地図上のルートの計算には、カーナビゲーションの技術を応用している。行き先乗降場はエリアスポンサーとして協賛している事業者や公共施設に設置する。

今回、実証実験を行う猪名川町は、兵庫県の南東部阪神都市圏の北部に位置し、緑とともに暮らす快適な住宅都市として発展してきたが、近年では人口は減少傾向にあり、一部の地域は移動が困難な交通不便地域になりつつある。このような問題を解決するために、猪名川町とネッツトヨタ神戸は2020年度から町内複数の地域でオンデマンド乗り合い交通の実証実験に着手する予定だ。

今回、トヨタの販売店が運営主体となり自治体と共同で運用に取り組むのは全国で初めての試みであり、乗り合い送迎サービス「チョイソコ」がその運用を支えることになる。

《レスポンス 纐纈敏也@DAYS》

最終更新:2019/12/9(月) 8:30
レスポンス

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事