ここから本文です

沖縄企業の82%に後継不在 平均大幅上回り全国ワースト 特に建設業に高く

2019/12/9(月) 11:39配信

琉球新報

 帝国データバンク沖縄支店は6日、県内企業の後継者に関する動向調査の結果を発表した。後継者が不在の県内企業は82・9%(全国平均65・2%)となっており、全国トップの割合となった。県内ではこれまで、企業の合併・買収(M&A)など事業承継に関する情報が周知されず、後継者不在の割合が全国より高くなっているという。

 業種別の後継者不在率は、建設が83・7%、卸売りが80・5%、サービスが86・5%、不動産が76・7%で、いずれも2018年の調査より割合が低下した。

 社長の年代別では、30代が98・4%、40代が95・9%と、若年層は後継者不在率が高くなっている。50代は87・8%、60代は74・3%、70代は59・4%となった。各世代とも昨年の調査より割合は低下しており、同支店は「金融機関など事業承継をサポートする環境が、県内でも整ってきたことが一因となっている」と分析した。

 調査は全国約27万5千社に行われ、県内では2349社が対象となった。東京商工リサーチ沖縄支店が2日に発表した後継者に関する調査では、県内の不在率は60・6%だった。調査対象の違いなどから、帝国データバンク沖縄支店と異なる不在率が出たとみられる。

琉球新報社

最終更新:2019/12/9(月) 11:39
琉球新報

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ