ここから本文です

そろそろ銀行に帰ったらどうかね?――二代目はテクニシャン

2019/12/9(月) 7:00配信

@IT

登場人物

ラ・マルシェ 都内に十数店舗を展開する、創業50年の高級スーパーマーケットチェーン
・高橋雄介:代表取締役社長。ラ・マルシェの経営不振を立て直すために株主たちがメインバンクから招いた。さまざまな施策を行っているが、まだ目に見える効果は出せていない
・鈴木浩美:創業社長の息子、二代目社長

【イラスト;元社長 鈴木】

A&Dコンサルティング 大手コンサルティングファーム
・江里口美咲:ITコンサルタント。凄腕系。ラ・マルシェの小塚の相談を受けてルッツを訪問し、一連の出来事の裏で糸を引く「シナリオライター」の存在を確信する
・白瀬智裕 「A&Dコンサルティング」に化粧品メーカーから出向中の新米コンサルタント。情に厚いタイプで、窮地に陥った小塚のことを心配している

アクセル乳業 中堅の乳製品メーカー。ラ・マルシェに高級チーズを卸している
・荒川茂之:基幹システム見直しプロジェクトの担当者。ラ・マルシェから増産を依頼されているが、同社のクーデターの話を聞いたこともあり、迷っている

前回までのあらすじ

老舗スーパーマーケットチェーン「ラ・マルシェ」が、IT化施策の目玉として開発を進めているオンラインショップ「スマホ・デ・マルシェ」。だが、2カ月も契約前作業をさせてしまったため、ベンダーの「ルッツ・コミュニケーションズ」から開発の中止と1億6000万円の支払いを求められてしまった。

ラ・マルシェの小塚から相談を受けたITコンサルタントの江里口美咲と白瀬がルッツを訪問するが、日本支社長の本田は法律や判例をたてに反論する。だが、話の細部やルッツの様子には不自然なところが多く、美咲たちは、裏で糸を引く者の存在を確信する。

黒幕は誰だ!

 美咲と白瀬は、「アクセル乳業」の荒川を訪ねていた。

 「ラ・マルシェ向けの増産はやっぱりやめた方がいいって、どういうことですか?」

 困惑する荒川に応えるように、美咲は説明した。

 「ラ・マルシェの発注増は、オンラインショップ開設による拡販を見込んでのことです。その開発が頓挫してしまって。ですから、もうしばらくは様子をご覧になった方がいいと思うんです」

 「そうですか。いやウチもちょっと迷ってましてね。貴重な情報をどうも」

 うなずく荒川に、美咲が尋ねた。

 「ところで以前、ラ・マルシェには高橋社長の解任を望む人がいるとおっしゃってましたね」

 美咲の問いに荒川がうなずいた。

 「そんな話を聞いたことがあります」

 「具体的には誰が?」

 白瀬が尋ねると、荒川は困ったような顔をした。

 「いや、大切なお取引先ですので、あまりいい加減なことは……」

 荒川は口ごもったが、美咲はひるまなかった。

 「大丈夫です。裏はこちらで取りますから。ヒントだけでも教えていただけませんか?」

 「ヒントって……私だって知りませんよ。ただ……」

 「ただ?」

 「業界のウワサでは、ラ・マルシェを昔の姿に……つまり、セレブたちが店舗に足を運んで、高い買い物をしてもらう……そんな、ちょっと懐古趣味な夢を持ってる人が、中にも外にもいるって……」

 「外にも?」

 白瀬は首を傾げたが、美咲は口元を上げた。

 アクセル乳業を出ると、美咲が白瀬に命令した。

 「すぐに大連に行って」

 「大連? そんなとこに行って何をしろっていうんだ?」

 「決まってるじゃない。ルッツ・コミュニケーションズの本社に行って、ラ・マルシェの誰かさんとのつながりを確認するのよ。ラ・マルシェの顧問役のコンサルタントだって言えば、話くらい聞いてくれるでしょ」

 「何を話せばいいんだ。どんな証拠を?」

 「そんなの知らないわよ。とにかく行って、何かつかんできて!」

1/2ページ

最終更新:2019/12/9(月) 7:00
@IT

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事