ここから本文です

AFIの2019年映画トップ10に「アイリッシュマン」「ジョーカー」「1917」など

2019/12/9(月) 11:00配信

映画.com

 [映画.com ニュース] AFI(アメリカ映画協会)が、その年の映像芸術に重要な貢献を果たした映画とテレビシリーズを称えるAFIアワードの各部門10作品を発表した。

 映画部門では、マーティン・スコセッシ監督の超大作「アイリッシュマン」をはじめ、屋外ロケでワンカット撮影を敢行したというサム・メンデス監督の戦争映画「1917 命をかけた伝令」、世界中で爆発的ヒットを記録したトッド・フィリップス監督「ジョーカー」などがランクイン。また、グレタ・ガーウィグ監督が「若草物語」を映画化した注目作「Little Women」、ノア・バームバック監督が離婚を題材にした「マリッジ・ストーリー」も選ばれている。

 テレビ部門では、チェルノブイリ原子力発電所事故の内幕に焦点をあてた「チェルノブイリ」、振付師ボブ・フォッシーと女優グウェン・バードンの波乱に満ちた恋愛を描いた「Fosse Verdon」、HBO歴代最高視聴率で幕を閉じた「ゲーム・オブ・スローンズ」などが選出された。

 2019年のAFIアワードに選ばれた作品は以下の通り。

▽映画部門
「1917 命をかけた伝令」
「フェアウェル」
「アイリッシュマン」
「ジョジョ・ラビット」
「ジョーカー」
「ナイブズ・アウト 名探偵と刃の館の秘密」
「Little Women」
「マリッジ・ストーリー」
「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」
「リチャード・ジュエル」

特別賞
「パラサイト 半地下の家族」

▽テレビ部門
「チェルノブイリ」
「ザ・クラウン」
「Fosse/Verdon」
「ゲーム・オブ・スローンズ」
「POSE」
「サクセッション」
「アンビリーバブル たった1つの真実」
「Veep」
「Watchmen」
「ボクらを見る目」

最終更新:2019/12/9(月) 11:00
映画.com

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事