ここから本文です

意識したのは「再現性+飛距離」石川遼、フェアウェイキープ1位のドライバー【勝者のギア】

2019/12/9(月) 12:03配信

ゴルフ情報ALBA.Net

最終戦の大一番で、今季3勝目を飾った石川遼。ここまで「日本プロゴルフ選手権」、「長嶋茂雄INVITATINALセガサミーカップ」と連続優勝を収めたが、シーズン終盤は予選落ちが続くなど再び不調が顔をのぞかせていた。

石川遼 優勝決定でパターが宙を舞う【写真】

それが、本大会では4日間を通してフェアウェイキープ率が73.21%の1位タイと抜群のドライバーショットを披露した。本大会のスイングで意識したのは、「再現性+飛距離」だという。「腰が悪くなってから、前傾姿勢をインパクト時に保てなくなっていた。腰に悩んでいなかった2009年頃までは前傾が崩れず、そこから速く回転できていたから曲がらない」と、インパクトのときに重心が浮かないよう意識。「半信半疑でやるんですけど、球もドローがきつくなくなったし、これで高い球と低い球を打ち分けられれば面白い」と探求は続く。

ドライバーのうまさを表すトータルドライビングも、大会を通じて3位。代名詞ともいえるドライバーショットを支えたのは、今季初優勝から変わらないキャロウェイの『エピックフラッシュ サブゼロ』。セガサミーカップ優勝時と同じく、長年使っていた『XR16』ドライバーとより近い顔の『トリプルダイヤモンド』。シャフトは前回優勝時の『グラファイトデザイン ツアーAD PT-7』から、「カシオワールドオープン」でテストを行っていた「XC-7」に移行した。

フェアウェイキープ率に加え、パーオン率も69.44%の6位タイ。勝利を決めた18番でのプレーオフ3ホール目、3mにつけて勝利を引き寄せたのは4番アイアン。今季2勝も支えたキャロウェイ『APEX MB』から変わっていない。これを沈めて、全選手の中でこの日初めて、18番でバーディを奪った。「飛んで曲がらないドライバーと、ピンをさすアイアンを兼ね備えている選手は、国内でもすごく強い。今季3勝できましたけど、今日はこうできたから、明日こうやってみようという気持ちのほうが大きいです」と、これからも進化を続けていく。

【石川遼のクラブセッティング(WITB=What’s in the Bag)】
1W:キャロウェイ エピックフラッシュ サブゼロ◆◆◆
(8.5°グラファイトデザイン ツアーAD XC-7 TX)
FW:キャロウェイ XR 16 フェアウェイウッド 13.5度
UT:キャロウェイ X フォージド UT アイアン 3番(21度)
3I:キャロウェイ APEXプロ アイアン
4-PW:キャロウェイ APEX MBアイアン
W:キャロウェイ Xフォージド ウェッジ(50°)
マックダディ2 ツアーグラインド ウェッジ(58°)
PT:オデッセイ ブラックシリーズ iX#9
BALL:キャロウェイ クロムソフトX

(撮影:鈴木祥)<ゴルフ情報ALBA.Net>

最終更新:2019/12/9(月) 12:03
ゴルフ情報ALBA.Net

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事