ここから本文です

【パンクラス】藤野恵実が念願の初タイトル奪取「ババァをなめんなっ!」

2019/12/9(月) 8:02配信

イーファイト

パンクラス
『PANCRASE 311』
2019年12月8日(日)東京・スタジオコースト

【フォト】藤野のチョークスリーパーが極まる

▼メインイベント 第9試合  女子ストロー級 暫定王者決定戦 5分5
〇藤野恵実(39=FIGHT FARM)
一本 3R 3分20秒 ※チョークスリーパー
●チャン・ヒョンジ(25=韓国/THE SSEJIN)

 同級王者ヴィヴィアニ・アロージョ(ブラジル)がUFC参戦中のため、暫定王者決定トーナメントが9月に開幕。1回戦を勝ち上がった同級1位・藤野vsヒョンジで暫定王座を争う。
 藤野は同王座の他『DEEP JEWELS』やその前身である『JEWELS』、アメリカのMMAイベント『World Series of Fighting』などで王座に挑戦し敗れており、そのキャリアと強さから”無冠の女帝”と呼ぶ声もあるが今回念願の王者なるか。

 1R、両者オードドックススタイル。低く構えプレッシャーをかける藤野に対し、下がりつつ右ストレートを当てるヒョンジ。ローキックや右フックも当てるヒョンジだが、藤野はリズムを崩さない。終始スタンドの攻防でラウンド終了。ジャッジ2名が10-9藤野、1名が9-10ヒョンジ。

 2R、プレッシャーを強めた藤野がパンチを連打し、右を当て組み付きケージに押し込む。体勢を入れ替えたヒョンジだが、首を抱えてがぶりの体勢を作った藤野が試合をコントロールし、フロントチョーク、ヒザ蹴り等を仕掛けたままラウンド終了。ジャッジは3名とも10-9藤野。

 3R、前に出た藤野が組み付き、ヒョンジをケージに押し込む。体勢を入れ替えたヒョンジだが、2R同様がぶりの体勢を作った藤野が試合をコントロール。フロントチョークを嫌がったヒョンジの動きに合わせてバックを奪取した藤野がチョークスリーパーを狙う。一度は防いだヒョンジだが、再び藤野の仕掛けたチョークスリーパーが極まりタップアウト。

 念願のベルトを手にした現在39歳の藤野は「ババァをなめんなっ!」と叫び喜びをあらわにした。

最終更新:2019/12/9(月) 10:22
イーファイト

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事