ここから本文です

三菱の「電動DRIVE HOUSE」、優れた建築物を開発した企業を選出する賞に輝く

2019/12/9(月) 9:30配信

レスポンス

三菱自動車(Mitsubishi Motors)の米国部門は5日、「電動DRIVE HOUSE」が、優れた建築物を開発した企業を選出する「2019 HIVE 50イノベーター」を受賞した、と発表した。

【写真】電動DRIVE HOUSE(MI-Garden GINZA、マイガーデンギンザでのデモ)

電動DRIVE HOUSEは、太陽光パネルや「V2H」(Vehicle to Homeの略。EVやPHEVに蓄えた電気を家庭で使う仕組みを指す)機器などで構成するシステムをパッケージ化し、電動車の購入と合わせて販売会社で販売・設置からアフターメンテナンスまでをワンストップで提供するものだ。

太陽光で発電したクリーンな電力を家庭や電動車に使用することで、燃料代や電気代の節約や低炭素社会の実現に貢献する。また、停電時にも太陽光パネルで発電した電力や、電動車に充電された電力を、家庭へ供給できる。

この電動DRIVE HOUSEが、優れた建築物を開発した企業を選出する2019 HIVE 50イノベーターを受賞した。この賞は、米国の『Hanley Wood Magazine』が主催しているもので、今年が4回目。機能性や美しさを備えた建築物を開発した企業を表彰する。

なお三菱自動車は、電気を効率よく使用できる電動DRIVE HOUSEを、グローバルに展開していく計画だ。

《レスポンス 森脇稔》

最終更新:2019/12/9(月) 9:30
レスポンス

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事