ここから本文です

BMW、次世代M4がベースのGT3マシンの開発を発表。2022年に導入へ

2019/12/9(月) 18:22配信

motorsport.com 日本版

 BMWは、M6 GT3に代わる新たなGT3マシンを2022年のシーズンに向けて導入すると発表し、ティザー画像を公開した。新しいマシンは、次世代M4をベースにしたマシンとなる。

 これまでBMWは、Z4やM6をベースとしたGT3マシンを開発し、カスタマーにも車両を供給してきた。2016年から使用されているM6 GT3は、スパ24時間レースで2勝、マカオFIA GTワールドカップでも優勝した経験をもち、日本のスーパーGTでは、BMW Team StudieやARTAがGT300クラスでこのマシンを走らせていた。

 しかし、ポルシェやアウディがGT3マシンをアップグレードして戦闘力を上げている中で、M6 GT3は苦戦。さらには、メルセデスも2020年に向けてAMG GT3の刷新を予定している。

 BMWモータースポーツのイェンス・マルカート代表は今年に入り、M6 GT3が寿命に近づいていると示唆。今週に入って、後継のGT3マシンが2021年に発売予定の次世代M4をベースとして開発されていることを認めた。

 マルカートは、新型GT3マシンが2022年にカスタマーに提供されると明かし、2020年後半から実走テストが進められていくと語った。

「我々の新しいGT3プロジェクトで、我々はBMW Mカスタマーレーシングの重要性を強調している。それは、我々のモータースポーツプログラムの中心的な柱だ」

「2022年に新しいGT3レギュレーションが導入されることにより、BMW M4は完璧なベースとなるだろう。我々の同僚が作った中核製品はやはり素晴らしいものだ」

「BMW M4 GT3についてあまり多くを語りたくないが、技術や見た目といった面でハイライトになるだろう。“アイコン”という用語は間違いなく適切だ」

「我々はBMW M4 GT3を使い、国際的なGTレースで大きな役割を果たしたいと思う。先代のマシンはスパ24時間レースやマカオおよび世界中のシリーズで勝利を飾っているんだ」

 2022年は、GT3マシンのホモロゲーションに関する新たなレギュレーションが導入される予定だ。GT3の中でもポルシェ911やフェラーリ488などのスポーツカーと、BMW M6のような大型スポーツクーペの間のバランス調整を是正する方向で検討が進められており、BMWにとっては良いタイミングだと言えるだろう。

Jamie Klein

最終更新:2019/12/9(月) 18:22
motorsport.com 日本版

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事