ここから本文です

松重豊、「ヒックとドラゴン」悪役声優に「実写でオーディションを受けても受かると思った」

2019/12/9(月) 15:30配信

映画.com

 [映画.com ニュース]米ドリームワークスのアニメ映画「ヒックとドラゴン 聖地への冒険」の大ヒット祈願が12月9日、東京・神田明神で行われ、日本語吹き替え版の声優を務めた俳優の松重豊、ゲストでお笑いコンビ「メイプル超合金」が参加した。

【フォトギャラリー】イベントの模様はこちら

 松重は、主人公ヒックの前に立ちはだかる最強の敵グリメル役で、「なぜ僕なのかと思ったけれど、(キャラクターの)絵を見たらそっくりで、白髪で長身の悪い奴。実写でオーディションを受けても受かると思った」と納得の表情。3部作の完結編で、「ありがちなまだ続くよという感じがなく、終盤にカタルシスがあって非常に面白い。僕の声はさておき、老若男女が楽しめる作品です」とPRに努めた。

 だが、「絵がすごくて、僕らは実写で頑張っていますけれど、そろそろ終わるかもしれない。風景は実写より美しいし、キャラクターの演技も役者より自然。失業の危機です」と弱音も。絵馬にも来年の抱負を「諦める」としたため、「過度に期待しない方が、生き方としては楽。あとは、食べる方だけですね」と、シーズン8を数えるテレビ東京の主演ドラマ「孤独のグルメ」に重心を置くことも示唆した。

 これにはメイプル超合金のカズレーザーが、「神社で言う言葉じゃないですね。神さまに期待していないみたい」とツッコミ。そのカズは、事務所の後輩芸人を挙げ「ぺこぱ、M-1 4位」と書き、「そこそこ受けて、まあまあ売れるのがいい。1位を獲るとつぶれるタイプ」と今月22日の決勝を推測した。

 相方の安藤なつは、年下の介護士の男性と結婚したばかりで、ずばり「不老不死」とし「守ってもらう体になったので」とオノロケ。だが、ここでもカズが「かなわない願い事を書いてもいいんですね」と鋭く指摘。さらに2人は新作を見ておらず、ドラゴンにちなんだ龍(じゃ)踊りに参加しての登場に、カズが「今年やった中で、一番謎の仕事」と笑い飛ばしていた。

 「ヒックとドラゴン 聖地への冒険」は、人間とドラゴンが共存する世界でバイキングのリーダーとなったヒックとドラゴンの王トゥースらが、ドラゴンハンターに立ち向かっていく物語。12月20日から全国で公開される。

最終更新:2019/12/9(月) 16:39
映画.com

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事