ここから本文です

羽生 世界選手権で4回転半を投入へ「ここがまた、きっかけの地になる」

2019/12/9(月) 6:00配信

デイリースポーツ

 「フィギュアスケート・GPファイナル」(8日、トリノ)

 エキシビションが行われ、男子2位の羽生結弦(25)=ANA=は「ノッテ・ステラータ(星降る夜)」を舞い、会場を魅了した。また、6日の公式練習中にもトライした、世界初成功を目指しているクワッドアクセル(4回転半ジャンプ)について、「そのつもりで頑張ります」と、2020年3月の世界選手権(モントリオール)での投入を目指して練習していく意思を示した。

 羽生が「王様のジャンプ」と語る夢のクワッドアクセル。SP翌日6日の公式練習では公の場で初挑戦し、3度の転倒に終わった。世界選手権での投入は-。そう訪ねられた羽生は「頑張ります。そのつもりで」とまっすぐな目で答えた。

 首位チェン(米国)に12・95点差をつけられたSP後、「正直、割と絶望していた」と羽生は言う。「99%勝てないんだろうなって。そう思わざるを得ないような状況だった」。そこから2日後のフリーへ「ここで何かしら、何かを残したい」-。光として見いだしたのが、夢である4回転半だった。

 「コーチがいたらやらなかった」という、無謀とも言える挑戦。通常ではあり得ないほどのパワーを使うため「フリーは難しい」疲弊した状態になることは羽生自身が誰より分かっていた。しかし尊敬する荒川静香さんやプルシェンコ氏が金メダルを獲得したのがトリノ五輪。羽生にとって特別な「憧れの地」を、記憶にも記録にも残らないまま去ることは許せなかった。

 7日に25歳の誕生日を迎え、痛いほどの悔しさを突きつけられたトリノの地。憧れを鮮やかに彩ることはできなかったが、「(4回転半を)跳べなかったけど、ここがまた、自分にとってのきっかけの地になると思う」と羽生は晴れやかな笑顔を浮かべ、先を見据えた。

 完成への道筋も、もちろん見えている。「まだ高さは足りない」と分析。しっかりとした体作りをした上で、「どれだけ回転をかける速度を上げるか」が重要といい「もうちょっとだけ降りる余裕がないといけない」とも話した。クワッドアクセルの完成を目指しながら、魂を込めた演技を見せ続けることは極めて難しい。それでも「ここからはい上がって、最終的に勝てるように」と羽生。夢を夢で終わらせるつもりはない。

最終更新:2019/12/9(月) 6:00
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事