ここから本文です

ソニーがAIの研究開発を推進、グローバルな新組織「Sony AI」を設立

2019/12/9(月) 11:10配信

MONOist

 ソニーは2019年11月20日、AI(人工知能)の研究開発を推進する新組織「Sony AI」を設立すると発表した。「AIで人類の想像力とクリエイティビティを解き放つこと」を目標とすし、日米欧に拠点を置く。

 同組織では、AIの研究開発を進めると同時に、ソニーグループの持つイメージングおよびセンシング技術、ロボティクス技術、映画、音楽、ゲームなどのエンターテインメント資産を組み合わせることで、全事業に変革をもたらし、新事業を創出していく。さらには、同社事業の枠にとらわれることなくAIを活用し、世界規模の課題解決に貢献するとしている。

 Sony AIは、実世界と仮想の2つの領域で、フラグシッププロジェクトをはじめ、AI倫理などに関する研究を進める。フラグシッププロジェクトはゲーム、イメージングとセンシング、ガストロノミーの3領域から開始する。

 今後、ソニーでは、多様な人材を確保するため、世界中からAIリサーチャー、AIエンジニアを招き、採用していく。なお、Sony AIの代表には、ソニー執行役員でソニーコンピュータサイエンス研究所社長の北野宏明氏、米国拠点の代表には、テキサス大学オースティン校コンピュータサイエンス学部教授のピーター・ストーン氏が就任する。

MONOist

最終更新:2019/12/9(月) 11:10
MONOist

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事