ここから本文です

GDP、年1.8%増に上方修正 7~9月期、増税前で設備投資増

2019/12/9(月) 9:26配信

共同通信

 内閣府が9日発表した19年7~9月期の国内総生産(GDP、季節調整値)改定値は、物価変動を除いた実質で前期比0.4%増、このペースが1年続くと仮定した年率換算は1.8%増となり、速報値の年率0.2%増から上方修正した。企業の設備投資の増加が寄与した。プラス成長は4四半期連続。

 事前の民間シンクタンク予想の年率0.8%増を上回り、日本経済は堅調さを示した形だ。ただ消費税増税前の駆け込み需要が、内需の柱である個人消費と設備投資を押し上げた面もある。10~12月期は反動減に加え、台風19号の影響で大きなマイナス成長が予測され、景気は不安定な状態が続きそうだ。

最終更新:2019/12/9(月) 12:16
共同通信

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事