ここから本文です

「クロクロク」の中村充志が描く、最後の人類となった男子4人のSFコメディ

2019/12/9(月) 12:40配信

コミックナタリー

本日12月9日に発売された週刊少年ジャンプ2020年2号(集英社)にて、「クロクロク」の中村充志による新連載「AGRAVITY BOYS」がスタートした。

「AGRAVITY BOYS」は2119年を舞台に、人類の入植先を求めて星を渡る旅に出た若き男性宇宙飛行士4人を描くSFコメディ。4人が出発してから2日後、地球では核戦争が起こり、彼らは人類最後の生き残りとなってしまう。その後入植先の候補地であった地球とよく似た環境の星へとたどり着いた4人は、最後の人類として生きることを決意する。

このほか今号では田中勇輝原作による松浦健人「トーキョー忍スクワッド」が完結。堀越耕平「僕のヒーローアカデミア」の小冊子も綴じ込まれた。12月16日発売の次号週刊少年ジャンプ3号には、秋本治の紫綬褒章受章を記念した「こちら葛飾区亀有公園前派出所」の新作ショート読み切りが掲載される。

最終更新:2019/12/9(月) 12:40
コミックナタリー

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事