ここから本文です

韓国人の家計収支 41歳に最大黒字・59歳から赤字に

2019/12/9(月) 16:01配信

聯合ニュース

【世宗聯合ニュース】韓国統計庁がこのほど発表した韓国人の家計収支に関する資料(2016年基準)によると、韓国人は平均で27歳から労働所得が消費を上回り、41歳に黒字が最も多くなって59歳に赤字になることが分かった。

 同資料によると、0歳から26歳までは消費が労働所得よりも多い赤字の状態が続く。16歳のときの赤字が最も多く、2867万ウォン(約262万円)となる。       

 労働所得は会社員などの賃金所得、自営業者や家族従事者の労働価値(労働で発生する所得)を包括した概念。消費は政府が提供する財貨やサービスなどの公共サービスと民間消費を合わせる。

 27歳から58歳までは労働所得が消費を上回り、41歳に黒字が最多の1435万ウォンになる。

 41歳の1人当たりの労働所得は3209万ウォン、消費は1774万ウォンとなる。

 59歳からは再び赤字となり、年齢とともに赤字幅が拡大する。

 赤字転換する年齢は15年には58歳だったが、16年は59歳になった。

 統計庁関係者は、高齢化の影響で退職の時期が遅れ、赤字に転換する時期も遅れたものとみられると説明した。

 赤字は65歳で891万ウォン、70歳で1186万ウォン、75歳で1481万ウォン、85歳で1742万ウォンに増える。

最終更新:2019/12/9(月) 16:01
聯合ニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事