ここから本文です

<思い、思われ、ふり、ふられ>咲坂伊緒の人気マンガが原作の劇場版アニメ 2020年5月29日公開 潘めぐみ、新人・鈴木毬花がWヒロイン

2019/12/10(火) 12:00配信

MANTANWEB

 「アオハライド」「ストロボ・エッジ」などで知られる咲坂伊緒さんのマンガが原作の劇場版アニメ「思い、思われ、ふり、ふられ」が2020年5月29日に公開されることが12月10日、明らかになった。潘めぐみさんがヒロインの山本朱里、新人の鈴木毬花さんがもう一人のヒロインの市原由奈をそれぞれ演じる。島崎信長さんが、朱里の義理の弟である葛藤を抱える山本理央役、斉藤壮馬さんが由奈の幼なじみの好青年・乾和臣役として出演する。

【写真特集】「思い、思われ」カットも公開 繊細に、美しく… 豪華声優陣も

 「舟を編む」などの黒柳トシマサさんが監督を務め、ドラマ「花のち晴れ~花男 Next Season~」などの吉田恵里香さんが脚本を担当。「耳をすませば」「猫の恩返し」などの野見祐二さんが音楽を手がける。ヒロインたちが本当の気持ちと、相手を傷つけたくないという思いの間で揺れ動く姿を描いた特報映像も公開された。

 「思い、思われ、ふり、ふられ」は、「別冊マーガレット」(集英社)で連載されたマンガ。ダブルヒロインの山本朱里と市原由奈、山本理央と乾和臣の4人の高校生男女の恋模様を描く。浜辺美波さん、福本莉子さん、北村匠海さん、赤楚衛二さんらが出演する実写映画が2020年8月に公開される。

 ◇潘めぐみさんのコメント

 咲坂先生の描く世界観に携われる……。心から光栄に思います。特報では、繊細で情感あふれる映像と音楽に乗せて、原作に幾度と登場するあのモノローグが、由奈、朱里、理央、和臣と紡がれていき、とても印象的で。タイトルも、一つの言葉に余韻があって……。募っていくものを感じました。朱里の想(おも)いを大切に育んでいきますのでよろしくお願いします。

 ◇鈴木毬花さんのコメント

 小学生の頃から咲坂先生の作品が大好きで、この作品は親子で読んでいました。由奈役に決まったと聞いたとき、うれしさと共に不安が湧いてきましたが、私が演じることでより良い作品にしたいと思いました。由奈は純粋で自分に自信が持てない女の子ですが、しっかりとした芯を持っています。朱里ちゃんと理央くんと出会い、どんどん成長していく由奈の変化を意識して演じたいと思います。

1/2ページ

最終更新:2019/12/10(火) 12:00
MANTANWEB

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事