ここから本文です

マシュー・ボーンが映画と童話もとに生み出したバレエ「赤い靴」が日本へ

2019/12/9(月) 13:53配信

ステージナタリー

「マシュー・ボーンの『赤い靴』」が、2020年6月17日から28日まで東京・東急シアターオーブで上演される。

【動画】The Red Shoes Trailer 2019(メディアギャラリー他7件)

本作は1948年のバレエ映画「赤い靴」と、その原作となったアンデルセンの同名童話をもとにマシュー・ボーンが演出・振付を手がけ、2016年に発表したバレエ作品。イギリスでの世界初演では、ローレンス・オリヴィエ賞で2部門を獲得した。

踊りの才能を持つヴィクトリア・ペイジは、バレエ団のスターとして人気を博す。世界一のプリマを目指すバレリーナのヴィクトリアと、彼女を育てるために情熱を注ぐ辣腕プロデューサーのレルモントフの夢は、順調に実現に向かっているはずだった。しかしヴィクトリアが作曲家のジュリアンと恋に落ちたことで、運命の歯車が狂い始め……。チケットの一般販売は、2月29日にスタートする。

■ 「マシュー・ボーンの『赤い靴』」
2020年6月17日(水)~28日(日)
東京都 東急シアターオーブ

演出・振付:マシュー・ボーン
原作:映画「赤い靴」(監督:マイケル・パウエル&エメリック・プレスバーガー)および、 ハンス・クリスチャン・アンデルセンによる同名童話
音楽:バーナード・ハーマン
出演:ニュー・アドベンチャーズ

最終更新:2019/12/9(月) 13:53
ステージナタリー

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事