ここから本文です

太平洋戦争犠牲者光州遺族会会長 李金珠さんに国民勲章=韓国

2019/12/9(月) 17:33配信

聯合ニュース

【光州聯合ニュース】日本による植民地時代の強制動員被害者の人権運動に献身した太平洋戦争犠牲者光州遺族会の李金珠(イ・クムジュ)会長(99)が国民勲章2等級の牡丹章を受章することが9日、分かった。

 強制徴用被害者らを支援する韓国の市民団体「勤労挺身隊ハルモニ(おばあさん)とともにする市民の集まり」によると、李さんの夫は1942年に軍属として強制徴用され翌年、キリバスのタラワで亡くなった。

 李さんは1988年に太平洋戦争犠牲者光州遺族会を結成。30年以上にわたり被害者の人権回復に努めてきた。旧日本軍の慰安婦被害者、勤労挺身隊被害者らを助け、日本の政府と企業を相手取り7件の訴訟を起こした。

 李さんは現在、南部の全羅南道順天市の病院で闘病中だ。授章式は10日、ソウルで開かれ、李さんの孫のキム・ボナさんが代理で出席する。

最終更新:2019/12/9(月) 17:33
聯合ニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事