ここから本文です

Xiaomiが日本上陸 安価な活動量計「Mi スマートバンド 4」や1億画素のカメラを搭載したスマホ「Xiaomi Mi Note 10」の予約受付開始

2019/12/9(月) 21:25配信

ねとらぼ

 中国発のXiaomi(シャオミ)は12月9日、日本参入にあたりローンチイベントを開催。その中で、安価でiOS/Androidに対応する活動量計「Mi スマートバンド 4」や、1億800万画素のレンズをはじめとする5眼カメラを搭載した新型スマートフォン「Xiaomi Mi Note 10」を発表しました。これら2商品は同日Amazon.co.jp上で予約受付が始まっています。このほかにモバイルバッテリー、IH炊飯器、スーツケースといった商品の発表も行いました。

【画像】IH炊飯器も発表

活動量計「Mi スマートバンド 4」

 「Mi スマートバンド 4」は3490円と安価ながら、1600万色以上を表示できる120×240pxのディスプレイを搭載。フィットネスの統計、スマホのメッセージ、アプリ通知、再生中の音楽操作などが可能です。バッテリー容量は135mAh。最大2時間で充電完了となり、通常使用で最大20日間稼働。発売は12月23日です。カラーバリエーションは5種類用意される予定ですが、現時点ではブラックのみAmazon上に出品されているようです。

高性能カメラ搭載「Xiaomi Mi Note 10」

 「Xiaomi Mi Note 10」はメモリ6GBでストレージ容量128GB。カラーバリエーションは「ミッドナイトブラック」「オーロラグリーン」「グレイシャーホワイト」の3種類で、価格は5万2800円。上位機種の「Mi Note 10 Pro」はメモリ8GB、ストレージ容量256GBで、6万4800円。Amazon.co.jpで12月16日発売です。

 「Mi Note 10」は初めての量産型1億画素カメラの搭載と「市場に出ているあらゆるスマートフォンの中で最高の解像度 (12032x9024)での撮影」をうたっており、高さ4.24メートルまでの看板レベルのプリントに耐える画質だとしています。

 5つのレンズは各、1億800万画素の広角レンズ、500万画素の望遠レンズ、1200万画素の望遠レンズ、2000万画素の超広角レンズ、マクロレンズという構成。異なる5種類のレンズを組み合わせることで、画質を損なうことなく 0.6倍から50倍までのズームが可能になります。

1/2ページ

最終更新:2019/12/9(月) 21:25
ねとらぼ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ