ここから本文です

ロシア選手団の東京五輪除外 大会組織委「全ての国と地域のアスリートが…」

2019/12/9(月) 21:23配信

デイリースポーツ

 東京五輪・パラリンピック組織委員会は9日、世界反ドーピング機関(WADA)がロシアのドーピング不正に絡むデータ改ざん問題を巡って、スイス・ローザンヌで開かれた臨時常任理事会で、ロシア選手団の東京五輪・パラリンピック、各競技の世界選手権など主要大会から4年間除外する厳罰処分を決定したことを受けて、コメントを発表した。

 「WADAのコンプライアンス審査委員会によるロシア政府関係者等への制裁に関する提案について、本日の常任理事会で承認されたことは承知している。全ての国と地域のアスリートが、アンチ・ドーピング規則を順守の上、オリンピック・パラリンピックに参加することができることを望みたい。組織委員会としては、引き続き諸関係機関と連携し、ドーピング防止対策に万全の準備を進めてまいりたい」。

 潔白を証明した選手は、個人資格での東京大会出場が認められる。

最終更新:2019/12/9(月) 21:39
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事