ここから本文です

全米アルバム・チャート、『アナと雪の女王2』のサウンドトラックが1位に

2019/12/9(月) 13:59配信

BARKS

今週の全米アルバム・チャート(Billboard 200)は、ディズニー映画『Frozen 2(アナと雪の女王2)』のサウンドトラックが先週の3位から上昇し、リリース3週後にして1位に輝いた。アニメーション映画のサウンドトラックが全米1位を獲得するのは、2014年に13週間(非連続)首位に輝いた前作『Frozen(アナと雪の女王)』以来だという。

◆『Frozen 2』画像

2位には、ポスト・マローンの『Hollywood’s Bleeding』が先週の4位から再浮上。先週1位に初登場したラッパー、トリッピー・レッドの新ミックステープ『A Love Letter To You 4』は3位に後退した。

今週は季節柄、クリスマス・アルバムのセールスが好調で、マイケル・ブーブレが2011年に発表した『Christmas』が6位とトップ10内に再エントリーしたほか、ペンタトニックスが10月終わりにリリースしたクリスマス・ソングのコンピレーション・アルバム『The Best of Pentatonix Christmas』が8位をマークし、「All I Want For Christmas Is You(恋人たちのクリスマス)」が収録されるマライア・キャリーの『Merry Christmas』(1994年)が9位に再登場している。

クリスマス・アルバム以外では、ラッパー、ファボラスの新作『Summertime Shootout 3: Coldest Summer Ever』が7位に初登場した。

Ako Suzuki

最終更新:2019/12/9(月) 13:59
BARKS

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事