ここから本文です

元NGT48 菅原りこインタビュー 三谷幸喜舞台に「私が見せない部分を出していきたい」

2019/12/9(月) 9:30配信

ENCOUNT

ハードな稽古は歓迎「厳しい稽古が自分をまた変えてくれる」

――本作は9年半ぶりの上演です。ちよみ役で過去の女優さんと比較されることもあると思います。どう個性を出していきますか。

「普段から『おっとりしてるね』ってよく言われるんですけど、その真逆を突いていこうかなと思っています。ちょっと私が見せない部分を結構、出していきたいなと思っているので、そこがすごい見どころになるんじゃないかなと思います」

――NGT48時代の経験は生きてきますか。

「舞台での輝き方やダンスを踊っていた経験、そういう表現法とかをちょっとずつ取り入れていけたらいいなと思っています。表現力を取り入れて、いろんなタイプの私を見ていただきたいです。初心の気持ちを忘れずに、前向きに、1つひとつのいただいたお仕事も着実に、慎重にやって、皆さんが演技をドキドキした気持ちで見ることのないように、安心させられる形でお届けできたらと思います」

――佐藤さんは稽古で厳しいと聞きますけど、覚悟はありますか?

「厳しい稽古が自分をまた変えてくれる1つのポイントになると思います。『罪のない嘘~毎日がエイプリルフール~』という舞台で、共演させていただく皆さんのアドバイスを自分のものにして次の道を開いていけるように前を向いて頑張っていきたいと思います。厳しい稽古は歓迎です。とてもいい経験なので」

――女優として目標とする人はいますか。

「浜辺美波さんだったり、武井咲さんだったり、川栄李奈さんだったりとか、たくさんの方を目標にしています。お1人おひとりにすごい華があって、キラッキラに輝いているイメージがあって、私もその方たちのようになれたらいいなという意味も込めて頑張っていきたいと思います。女優だけではなく、マルチで活動していきたいという目標もあります。歌の面でもそうですし、バラエティーだったり、あとは声だけを使ったお仕事とか、マルチなタレント活動ができたらいいと思います」

――最後にファンの方にメッセージをお願いします。

「ファンの皆様に、私の生の演技を見ていただけるのでそれが本当にとっても楽しみで嬉しく思います。グループを卒業して、久しぶりにお会いするファンの皆さんに、もっと違った私の一面をお届けできたらいいなと思います。応援宜しくお願いします」

□菅原りこ(すがはら・りこ)2000年11月23日、新潟・聖籠町生まれ。15年8月にNGT48の1期生としてお披露目。16年1月にチームN3に昇格し、18年7月からチームG。19年5月に同グループを卒業。7月よりエイベックス所属となる。愛称は「りったん」。155センチ。

ENCOUNT編集部

3/3ページ

最終更新:2019/12/10(火) 9:55
ENCOUNT

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ