ここから本文です

【最新版】日本人の給与はどのくらい?

2019/12/9(月) 8:10配信

ファイナンシャルフィールド

国税庁から、最新版の日本人の給与に関する調査(※)が発表されました。日本人の平均給与はどのくらいなのか、気になる方は多いのではないでしょうか? 今回は、男女別・年代別、さらに業種別などに分けて、日本人の平均給与をチェックしていきましょう。

日本人の平均給与はどのくらい?

平成30年末の給与所得者の平均給与は、年間で 441 万円となっています。これは、昨年に比べると2%増加しており、ここ10年間で最も高い金額となっています。

さらに、男女別に見てみると、男性の平均給与が545 万円、女性の平均給与が293万円となっています。男性は、女性に比べて、全ての年代において給与が高い傾向が見られました。

さらに、詳しくチェックしてみると、男性では、年間給与額が400万円超500万円以下の人が男性全体の17.8%と最も多くなっており、女性では 100 万円超 200 万円以下の人が、女性全体の23.8%と最も多くなっています。これらの調査結果と、ご自分のお給与と比較してみると、大変興味深いのではないでしょうか?

勤続年数別の平均給与

次に、勤続年数別に日本人の平均給与を見ていきましょう。日本では、勤続年数が増え、年齢が上がるにしたがって、収入も大きく増えていく傾向があります。現在、20代や30代などの若い世代の方々も、今後大きくお給与がアップする可能性があります。

勤続年数1年~4年
男性:398 万円 女性:244万円

勤続年数5年~9年
男性:469万円 女性:277万円

勤続年数10年~14年
男性:548万円 女性:308万円

勤続年数15年~19年
男性:606万円 女性:342万円

勤続年数20年~24年
男性:684万円 女性:379万円

勤続年数25年~29年
男性:750万円 女性:436万円

勤続年数30年~34年
男性:771万円 女性:419万円

勤続年数35年以上
男性:672万円 女性:342万円

こちらの調査結果を見ると、男性は、勤続年数が35年未満までは、年数が長くなるにつれて給与が高くなり、勤続年数30~34年の方が、771万円と最も高くなっています。

一方、女性の場合、勤続年数が30年未満までは、年数が長くなるにつれて給与が高くなり、勤続年数25~29年の方が、436万円で最も高くなっています。勤続年数による給与の伸び率は、男性よりも女性は小さいという傾向が見られます。

1/2ページ

最終更新:2019/12/9(月) 8:10
ファイナンシャルフィールド

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事