ここから本文です

【楽天好き】戸村健次と西宮悠介、「改めて幸せ」かみしめ引退。来季から打撃ピッチャーに

2019/12/9(月) 13:53配信

J SPORTS

ファン感謝祭のメインイベントの1つとして、戸村健次と西宮悠介の引退セレモニーが行われた。

寂しさこそ募れど、ここでは選手の本当の素の側面が見られるからいい。目撃して取材した限り、2人ともが「こうした場を設けてもらえて、改めて幸せに思いました」と晴れやかに語っていた。

来季からは、2人とも打撃投手という裏方でチームに帯同する。役割は違えど、「動き(働くスケジュール)は変らない」と嬉しく思っているようだった。

私たちは誰しも、社会ではどこかしら、いち社会人としてなりたい自分、見られたい自分を演じている。それはきっと選手も変わらない。

選手として“きちんと”している限り、例えば家族に見せるような素の姿はまず見られない。けれども、引退セレモニーでは唯一、それが見られる。

特に、家族が花束を贈呈するシーンに、引退する選手たちが見せる笑顔と涙は、堪えた表情すら有り余るほどに伝わる。

2009年にドラフト1位で入団した戸村は、「高い評価に見合う大きな成績が残せなかった」とスピーチで悔しさをのぞかせながら、妻への深い感謝を綴ってとびきりの笑顔を見せた。

貴重なサウスポーとして6年間奮闘した西宮は、「この経験が貴重な糧になる」と語り、優しいパパの顔で幼い息子を抱きしめた。

そういえば、西宮は「家にいないことが多いですけど、気分転換に家族を連れ出したり、手伝える時は手伝うようにしてます」と語っていたっけ。そんな素朴な家庭人の素顔を見た気がした。

セレモニーの後は、囲み会見が行われた。トムさんこと戸村は、スピーチの最後で「『困った時のトム』と呼ばれて嬉しかった」と明かしたが、そこに込められた思いを語ってくれた。

予告投手の代役を急きょ果たすなど、緊急登板で見事なピッチングをみせて何度となくファンを沸かせた「困った時のトム」。

故・星野仙一さんがつけた元投手の川井貴志さんへの「困った時のボブ」の系譜でもあるフレーズだが、響きが良くとも甘んじてはいなかった。

1/2ページ

最終更新:2019/12/9(月) 13:53
J SPORTS

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ