ここから本文です

「来季はレギュラー奪還」 横浜DeNAの桑原選手、母校・成美高で決意

2019/12/9(月) 7:04配信

両丹日日新聞

 プロ野球・横浜DeNAベイスターズの桑原将志外野手(26)=大阪府和泉市出身=が、京都府福知山市水内の母校・福知山成美高校を6日に訪れ、野球部の井本自宣監督(46)らと歓談、今季の成績の報告と来季にかける熱い思いを伝えた。

 桑原選手は、高校3年生のときに主将を務めた。甲子園出場の夢はかなわなかったが、2011年にドラフト4位で、DeNAから指名を受けた。

 17年には、不動のリードオフマンとして全143試合に出場。7月にセ・リーグトップ打率を記録し、月間MVPを獲得したほか、この年は守備の名手に贈られる「第47回三井ゴールデン・グラブ賞」を受賞。攻守ともに活躍した。

 プロ8年目となる今季は72試合の出場にとどまり、102打数19安打の打率1割8分6厘、2本塁打、7打点、2盗塁という成績に終わった。

 桑原選手は「チームが優勝争いをする中で活躍できなかったのが悔しい。来季はレギュラーを取り戻せるよう、頑張りたい」と力を込めた。この言葉を受け、井本監督は「悔しさを糧にして、大活躍してほしい」とエールを送っていた。

最終更新:2019/12/9(月) 7:04
両丹日日新聞

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事