ここから本文です

ズブくてズブくて脚溜まる まだまだ強くなるサトノガーネット【中日新聞杯回顧】

2019/12/9(月) 15:47配信

優馬

競馬専門紙「優馬」佐藤直文のレース回顧

 前半1000m通過60秒8という、平均よりも遅い流れだったが、残り800mからは全て11秒台のラップだったことを考えれば、一瞬の脚よりも長くいい脚を要求された一戦だったか。

 サトノガーネットは、序盤は鞍上が促しても進んで行かない形での後方待機となったが、脚自体は十分に溜めることができていた。4コーナー手前から仕掛けられて大外を回る形となったが、直線、特にゴール前の伸びは見事の一言。53キロの斤量も良かったが、距離はおそらく2000mがピッタリなのだろう。まだまだ強くなる可能性も秘めた馬だ。

 2着ラストドラフトは、道中は中団のインをロスなく運び、直線で外へ持ち出されるとラスト1ハロンから一旦は完全に抜け出したもの。外からの強襲には抵抗できなかったのも仕方なく、京成杯を勝った当時のデキに戻ったと言える。また、今日のように脚を溜めて運ぶ競馬の方がいい馬だろう。

 3着アイスストームは、最後は勝ち馬に伸び負けしたとはいえ、やはり今日のように脚を溜める競馬が合っている。左回りで少し時計のかかる馬場というのも条件的にベストだったか。

 4着ショウナンバッハは、直線に賭ける競馬で年齢を感じさせない伸びを見せたもの。昨年も2着だったように、このコースでは確実に自分の脚を使える馬だ。

 5着サトノソルタスは、中団から直線を向いた時点では手応えは十分にあったが、そこからゴチャついて追い出しが遅れてしまった形。ただ、進路を見つけてからもジリジリとしか伸びなかったあたり、まだそこまでの力を付け切っていないか。

 アイスバブルは、好位から自分の形で運べていたように見えたが、直線で反応しなかったもの。状態に問題があったのかもしれないが、2000mも少し短いか。

最終更新:2019/12/9(月) 15:51
優馬

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

あなたにおすすめの記事