ここから本文です

もう、クリスマス会決めた?自宅・お店、それとも…ママ友と子どもたちのパーティー事情

2019/12/9(月) 21:40配信

kufura

そろそろママたちの話題にあがってくるのが、子どもたちのクリスマスパーティー。毎年恒例という方もいれば、新たな仲間と企画段階という方もいることでしょう。

そこで『kufura』では、過去にママ友と子どもたちでクリスマスパーティーを行ったことのある女性113名に対し、どこで開催したのかを調査しました。その場所を選んだ理由と併せて、早速見ていきましょう。

気兼ねなく過ごせるのは「ママ友の家・自宅」

「自分の家。自分の家での方が好きに動けて用意も準備もできるから」(31歳/主婦)

「ママ友の家でワイワイクリスマスパーティーをしました。ママ友さんの家だと時間を気にせずゆっくり過ごせそうという事になったからです」(43歳/主婦)

「自分の家。おうちランチやパーティーをするときはママ友内で順に家を回ってるから」(29歳/主婦)

自宅で行うメリットは、時間に縛りがなく準備がしやすいことに加え、不測の事態に対応しやすいこと。食器など持っているもので対応でき、多少人数の増減があっても追加や余剰に無理がありません。子どもが服を汚したときにも、服を貸してあげられるなどの対応ができるでしょう。

また、開催する家をママ友内で持ち回りにしているとの声も。普段から遊んでいるグループがある場合、不公平が生じないように順番にするのはいいアイデアですね。

子どもがのびのび遊べる広い場所と言えば「公民館」

「公民館。子育てサークルでのパーティーだった為」(53歳/総務・人事・事務)

「クラスの子ども達でやったので人数が多く施設を借りた」(44歳/総務・人事・事務)

「公民館の和室を借りた。会場費が無料で駐車場もあり、敷地内に遊具もあったので」(50歳/コンピュータ関連以外の技術職)

集まる人数が多い場合、使いやすいのが公民館。無料で使用できたり、有料でも比較的安価で済むため、個人の負担が多くありません。希望の日時で予約を取ることさえできれば、広い場所でのびのび楽しむことができそうです。

住民がいれば利用可「マンションのパーティールーム」

「自宅マンションのパーティールーム。近いし、広いから」(44歳/主婦)

「ママ友が住人だったので」(43歳/主婦)

「広くて子供たちが少しくらい暴れても問題無いから」(52歳/主婦)

近年のマンションに備え付けられていることの多いパーティールームは、そのマンションの住人であれば予約制で使うことができます。一部屋貸し切り状態で使用できるため、まわりを気にせずに子どもたちを遊ばせることができるでしょう。

マンション内にママ宅があるわけですから、何かあったときにも安心です。

1/2ページ

最終更新:2019/12/9(月) 21:40
kufura

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事