ここから本文です

主婦向けジム「カーブス」が株式上場、その手法が“変則技”なワケ

2019/12/9(月) 18:11配信

MONEY PLUS

主婦層を主なターゲットとする30分フィットネス「カーブス」の運営会社・カーブスホールディングス(HD)の株式を上場する計画が進められています。主導するのは、「カラオケまねきねこ」などを運営し、カーブスHD株を100%保有する親会社であるコシダカHDです。

【図解】年収ランキングの常連「キーエンス」とはどんな会社なのか

実は、その上場手法が実にユニークということで、株式市場で注目されています。なぜコシダカHDはカーブスHDを手放すことにしたのでしょうか。その真意と手法をひも解いてみます。

普通はなかなか手放さない子会社株

一般的に、上場会社が子会社を上場させる場合、親会社が持っている株の一部を売り出しで放出するか、新規に上場する子会社が新株を発行するか、その両方の組み合わせのいずれかの方法をとります。

しかし今回、コシダカHDは同社の株主に、コシダカHDが保有しているカーブスHD株式全部を割り当てる方法をとります。コシダカHDは100%親会社という立場から、1株も持たない“赤の他人”になります。

通常、親会社には「子会社上場で資金は得たいけれど、引き続き子会社の収益は連結決算に取り込み続けたい」というマインドが働きます。ですから、資金的に困っているとか、大きな買収でお金が必要などという理由がない限り、100%手放すということはしません。

親会社側の株主たちにとって、稼げる子会社の上場は不利益に働きます。100%子会社が稼ぐ利益はすべて親会社のもの、つまり親会社株主のものになります。ところが、親子上場をして子会社側に少数株主が付くと、子会社側の稼ぎの中から、その少数株主にも分け前が行く分、親会社側の株主への分け前は減ります。

まして全部売ってしまうとなったら、親会社の株主にとっては不利益でしかありません。 親会社自身の経営が傾いてお金を作らなければならないというような、せっぱ詰まった状況であれば、親会社の株主も「倒産されるよりはマシ」という判断になりますが、そうでなければ基本、反対します。

1/3ページ

最終更新:2019/12/9(月) 18:11
MONEY PLUS

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事