ここから本文です

水樹奈々「1回もやったことがなくて…」憧れの“オトナなシチュエーション”とは?

2019/12/9(月) 17:10配信

TOKYO FM+

声優・歌手として活躍する水樹奈々がパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「水樹奈々のMの世界」。12月2日(月)の放送では、選曲企画をお届けしました。リスナーからの『お酒を飲むときに聴きたくなるアニソン』というお題に対して選曲したものの、若い世代にもちゃんと響いたのか!? ちょっぴり不安になる水樹でした……。
(TOKYO FM「水樹奈々のMの世界」2019年12月2日(月)放送より)

今回の「Mの世界」では、リスナーからのお題に対して水樹が選曲する、この番組で唯一の!? FM局らしい音楽企画をお届けしました。とは言え……ちょっと癖のあるテーマです。

【水樹奈々が選ぶ!「お酒を飲むときに聴きたくなるアニソン」】

水樹「今回の選曲テーマ、大人なチョイスということなのか? 1人でしっとりと味わいたいということなのか? 色々な解釈ができますよね。仲間とワイワイ(聴く)……でも良いですからね。で、悩みに悩んだところで、こちらの2曲を選んでみました」

♪お酒を飲むときに聴きたくなるアニソン【1】
GHOST SWEEPER/原田千栄

水樹「『GS美神 極楽大作戦!!』、大好きだったんですよ! 単行本も持っていたし、アニメも毎週楽しみに観ていました。93年から1年間放送されていた作品で、この曲がオープニングテーマになっていたんですよね。

曲の世界観がまず大好きで……。何が起きるか分からないジャズテイストのスイングなメロディーが、今回のテーマを聴いてパッと頭に浮かびました。

お酒を飲むのって、夜が多いと思うんですけど、ムードのいいバーだったり、これからの寒い季節だと、1人で晩酌しているようなイメージがあったので、大人っぽいジャズのような雰囲気の曲が聴こえてくると心地よく酔っ払えたり、リラックスできるんじゃないかなと思って、チョイスさせてもらいました。

私、実は、1人でお酒を飲むって、1回もやったことがなくて、ちょっと憧れなんですよね。行きつけのバーで、「マスター、いつもの!」とか言ってみたいな~って(笑)。あと、可愛いカクテルとかだと、1人ではしゃいでる感じがするから、そういうのじゃなくて、渋い1杯をね……。

定番のようなシンプルなお酒をパッと飲めるような人になってみたいわ~って思います。そんな自分のなかでの妄想を膨らませて、憧れのシチュエーションで、この曲をチョイスしてみました」

♪お酒を飲むときに聴きたくなるアニソン【2】
Touch and Go!!/林原めぐみ

水樹「こちらは、『BLUE SEED』のエンディングテーマになっていました。放送されていたのが94年なんですけど、実は当時はこの曲を知らなくて……。高校生になったときに、アニメ好きな友達がいっぱいいたので、友達から「めっちゃいい曲だから聴いて!」って勧めてもらって“ひと耳惚れ”したんです!

すごく癒されるんだけど、キュンと切なくなる感じもあったので、それから自分の家で何回も聴くようになりました。この曲を聴くと学生時代を思い出すんですよね~。

凄くピュアな部分が描かれている歌なんですけど、バックに流れているオケの雰囲気がとても大人っぽくて、林原さんが表現されているピュアな乙女な部分とのギャップがすごく気持ち良いので、1人でほっこり飲みながら、自分自身と向き合うときに、この曲が流れてくると癒されるんじゃないかな~と思ってチョイスしました。

いかがでしたでしょうか? どちらも90年代前半の曲なので、若いリスナーの方は初めて聴いた! という方も多いかもしれないんですけど……。90年代のアニソンはね、名曲揃いなので、これを機に是非聴いてみてください!」

最終更新:2019/12/9(月) 17:10
TOKYO FM+

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事