ここから本文です

出発進行~!スマホが車両に早変わりする「JRトレインスマホケース」

2019/12/9(月) 20:00配信

&GP

鉄道好きの心をくすぐるデザイン

京葉線、湘南新宿ライン、山手線、大阪環状線…。普段何気なく目にしてるJRの電車が、かわいいスマホケース「JRトレインスマホケース」になってヴィレッジヴァンガードに登場しました。

【ラインナップはこちら】

細部にまで鉄道会社監修のこだわりが詰まっていますが、どれもポップなデザインなので、男女問わずで日常使いできそうです。子どもにもウケるかもしれません。

ケースは、ハードケース、TPU/アクリルケース、TPUケース、手帳型ケースの4種類で、サイズは「Мサイズ iPhone(6/7/8)」と 「Lサイズ(iPhone XR/ 11)」の2パターンが用意されています。車両のバリエーションは、それぞれ一般車両とブルートレインの2種が展開。

ハードケース(2750円)は、車両の「顔」を正面から見れるデザイン。モデルになった電車は、209系500番台京葉線、E231系東海道本線・湘南新宿ライン、E231系500番台山手線、681系2000番台、923形ドクターイエロー、103系播但線、103系大阪環状線、103系関西本線、キハ181系-1の9種類。

ブルートレインは、カシオペア、あけぼの、はやぶさ、富士はやぶさ、北斗星、あさかぜ、出雲、なは あかつき、さくら、彗星、日本海、トワイライトEX、ゆうづるの13種類。

TPU/アクリルケース(3300円)は車両番号がアクセントになったデザインで、行き先表示もユニークです。モデルになったのは、209系500番台京葉線、E231系東海道本線・湘南新宿ライン、E231系500番台山手線、681系2000番台、923形 ドクターイエロー、103系播但線、103系大阪環状線、103系関西本線の8種類。ブルートレインは13種類。

TPUケース(3080円)は、路線のラインカラーが目を引くデザイン。モデルになった電車は、209系500番台京葉線、E231系東海道本線・湘南新宿ライン、E231系500番台山手線の3種類。ブルートレインは13種類。

手帳型ケース(3300円)は、機能性の高いレザー調のデザインで、こちらも車体の顔が前面に見えます。モデルとなった電車は、209系500番台京葉線、E231系東海道本線・湘南新宿ライン、E231系500番台山手線、681系2000番台、923形ドクターイエロー、103系播但線、103系大阪環状線、103系関西本線、キハ181系-1の9種類。ブルートレインは13種類。

ほかにも、「JRトレイン壁掛け時計」(7480円)も発売です。ラインカラーと路線の行先表示が目を引く、インテリアにも合わせやすいデザインになっています。

(文/&GP編集部)

最終更新:2019/12/9(月) 20:00
&GP

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事