ここから本文です

有名な星座の見つけ方(冬編)

2019/12/9(月) 12:21配信

ベネッセ 教育情報サイト

 冬の空は明るい星が多く、華やかです。いろいろな星座の形もわかりやすく、これから星座探しをしてみたいという方は、ちょうど今の季節である冬の夜空から始めるのがオススメ。今回は、冬の有名な星座の見つけ方について、コスモプラネタリウム渋谷の重井解説員にお話をうかがいました。

まずは目印になる北極星を探そう

 冬の星座を探す際、最初は北極星を目印にするのがいいでしょう。北極星は、カシオペヤ座からたどっていくことで簡単に見つけられます。カシオペヤ座は一般的に秋の星座と紹介されますが、冬でも見ることができますし、特徴的なW字形をしているのですぐに見つけられるはず。カシオペヤ座を見つけたら、まず2つの山を1つにするようなイメージで両端の星を伸ばして結びます。そしてぶつかったところと、カシオペヤ座の中央の星をつないだ距離を、中央の星の向こう側へ5倍伸ばしましょう。そこでぶつかる明るい星が北極星です。

南の空にはオリオン座

 北極星がわかったということは、北の方角がわかったということ。冬の星座は南の空に浮かぶものが多いので、そのまま北極星とは反対側、つまり南の空を見上げてください。すると、長方形の中に3つの星が並んでいるオリオン座が目立っているでしょう。長方形の頂点の1つで、赤く輝くのがベテルギウスです。

ベテルギウスが見つかったら、今度はオリオン座の3つ星を結んで左下(南東)に伸ばすと、ひときわ明るいおおいぬ座のシリウスが青白い光を放っています。そして、ベテルギウスの左(東)に輝くこいぬ座の白いプロキオンを結べば、冬の大三角の完成です。

見どころは「冬のダイヤモンド」

 もう1つの冬の星座の見どころは、6つの1等星を結んでできる大きな六角形「冬のダイヤモンド」。オリオン座のベテルギウスからさらに目線を上げると、天高くにぎょしゃ座の黄色い1等星・カペラが見えるでしょう。そのカペラからぐるっと時計回りに目立つ星をつないでいくと、おうし座のアルデバラン、オリオン座のリゲル、おおいぬ座のシリウス、こいぬ座のプロキオン、ふたご座のポルックス...という順番で巨大な六角形が描かれるはずです。この夜空のダイヤモンドのきらめきは、思わず見とれてしまう美しさですよ。

みなさん、冬の天体観測では風邪をひいてしまわないよう、できるだけ暖かな服装で観察してくださいね。

取材協力:コスモプラネタリウム渋谷
コスモプラネタリウム渋谷は、プラネタリウム投影機と全天周デジタル動画投影システムを備え、美しい星空と臨場感あふれる映像空間を演出し、宇宙と地球、生命や文化についての話題を提供するなど、子どもから高齢者まで楽しめる施設です。
http://www.shibu-cul.jp/guide_cosmo.html

※この記事は「ベネッセ教育情報サイト」で過去に公開されたものです。

最終更新:2019/12/9(月) 12:21
ベネッセ 教育情報サイト

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事