ここから本文です

メイプル超合金が松重豊に龍踊り、カズレーザー「今年一番謎のお仕事」

2019/12/9(月) 20:23配信

TOKYO HEADLINE WEB

 映画『ヒックとドラゴン 聖地への冒険』大ヒット祈願イベントが9日、東京・神田の神田明神にて行われ、日本語吹き替え版の声優を務めた俳優の松重豊と、ゲストとしてお笑いコンビ「メイプル超合金」が登場した。少年ヒックと伝説のドラゴン・トゥースの冒険を描いた『ヒックとドラゴン』シリーズの最新作で、松重はヒックとトゥースを脅かす最凶のドラゴンハンター“グリメル”のボイスキャストを演じた。

龍踊りを披露する「メイプル超合金」の安藤なつ(写真左から2人目)とカズレーザー

 この日はアニメの聖地とも呼ばれる神田明神で、ヒット祈願のご祈祷を受けた松重。グリメル役について「どういう理由でボイスキャストに選ばれたのかと思ったら、僕そっくりの白髪で長身の悪い奴で。実写を日本でやったらオーディションで受かるかもしれない」と自信を覗かせた。さらにバイキングに扮した「メイプル超合金」の2人が、ドラゴンにちなんで安藤なつが玉使い、カズレーザーが龍衆を率いて「龍踊り(じゃおどり)」を披露。ドラやラッパの音に合わせて松重の周囲を取り囲み“ヒット乞い”を行った。

 龍踊りを終えたカズレーザーは「今年やった中で一番謎のお仕事でしたね(笑)」と本音をポロリ。松重から「表情から読み取れなかったけど、どういう気持ちで?」と質問され、カズレーザーは「(境内の)植木を超えたあたりから何も考えなかった。無の状態です」と率直に語り、「ここを一周回った時の『(他に)何もないの!?』という声にならない批判。震えましたね」と別の意味でも寒さが堪えたようだ。松重は「日本でも西洋でも(架空の存在の)ドラゴンや龍がいるという設定で世界中でやっているのが面白い」としみじみ。

 演じるにあたっての意識を問われ、松重が「今までにも何人も人を殺してきているんで……」と語り出すと、すかさずカズレーザーが「とんでもねぇ前科者が現れたみたいですけど、役の中ですよね?」と突っ込み。「さすがにドラゴンハンターは初めてですよね?」とカズレーザーに振られると、松重は「でも宇宙人とかゾンビの芝居はやってますから(笑)」と芸達者ぶりを明かした。“今年絆を感じたこと”という質問に、いい夫婦の日に結婚したばかりの安藤なつは「一緒に住むにあたってお互い断捨離しようと。私たこ焼き機が5台ありまして、1~2台減らさないかと言われたんですけど、たこ焼きとの絆が切れない」と悩みを吐露。「じゃあうちで引き取りますよ」と松重が助け船を出して絆を見せた。

 映画『ヒックとドラゴン 聖地への冒険』は、12月20日TOHO シネマズ 日比谷他全国ロードショー。

最終更新:2019/12/9(月) 21:44
TOKYO HEADLINE WEB

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事