ここから本文です

ルフトハンザ航空グループ、代替航空燃料フライトの予約選択を可能に、二酸化炭素排出削減の取り組みで

2019/12/9(月) 13:10配信

トラベルボイス

ルフトハンザとスイス・インターナショナル・エアラインズは、予約時にカーボンニュートラル燃料によるフライトを選択できるようにした。これは、各フライト予約サイトから「Compensaid」のページに直接アクセスすることで可能になるもの。「Compensaid」は、ルフトハンザ・イノベーション・ハブが開発した二酸化炭素の排出をサステイナブルな航空燃料(SAF)の使用によって相殺する仕組み。

「Compensaid」では、旅行者に 二酸化炭素オフセットに関して2つのオプションを用意している。ひとつは、1対1のレートで化石燃料をSAFに替えること。「Compensaid」のページには SAF と化石燃料の差額が表示される。旅行者は代替に伴う追加料金を支払い、ルフトハンザ グループは6カ月以内に支払金額分のSAFをフランクフルト発のフライトに使用する。もうひとつは、スイスの環境保護団体「myclimate」を通じた森林再生プロジェクトの支援。2つのオプションを組み合わせることもできる。

ルフトハンザグループは、事業活動が環境に及ぼす影響を最小限に抑える取り組みを進めているところ。今後10年間で、より燃料効率の高い新型航空機を平均2週間に1機のペースで導入する計画だ。

トラベルボイス編集部

最終更新:2019/12/9(月) 13:10
トラベルボイス

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事