ここから本文です

脚長効果、体幹、腹筋…女性も必見! 水樹奈々のトレーニングメニューとは?

2019/12/9(月) 17:10配信

TOKYO FM+

ジョージ・ウィリアムズ、安田レイがパーソナリティをつとめるTOKYO FMの生放送番組「JA全農 COUNTDOWN JAPAN」。2019年12月7日(土)の放送は、2019年12月11日(水)にニューアルバム『CANNONBALL RUNNING』を発売する水樹奈々さんが登場。ゲストの意外な一面がのぞける名物コーナー「ゲストの〇〇チャート TOP3!」では、「キツイトレーニングのメニュー TOP3!」を発表しました。

◆キツイトレーニングのメニュー TOP3

【第3位】シスチューブを使ったお尻のトレーニング
【第2位】フローイン
【第1位】ウォーターバッグを使った腹筋


──第3位は「シスチューブを使ったお尻のトレーニング」

水樹:女子としてはプリッと上がったお尻を手に入れたいじゃないですか。ちょっとでも脚長効果を手に入れたいということでやっているトレーニングなんですけど、ゴムバンドが輪っかになっていて、それが強度によって硬さが違うんですね。
その輪っかに太ももを入れまして、横になって脚を開いていくんですけど、内ももとかももの裏とかお尻とかに効いてくるトレーニングです。これがまあつらい!

──このトレーニングはどれくらいやるんですか?

水樹:20回ワンセットを左右で2回ずつですね。これを週2回やります。パーソナルトレーナーさんのところに行ったり、自分の家でもやったりしています。あと、ピラティスにも行っています。同じところをずっとやり続けると効かなくなってきちゃうので、手を替え品を替えいろんなアプローチが必要なんですよ。なので、このトレーニングは週2回ぐらいです。

──他のトレーニングもやっているとなると、毎日何らかの行動はされているんですね。続いて、第2位は「フローイン」。

水樹:「フローイン」というのは、ツルツル滑るマットを床に敷いて、その上にツルツルと滑る下敷きのようなものを履いたまま足をスライドさせたりするトレーニングです。
これはサッカーの長友選手がやっている体幹トレーニングなんです。

──キツイトレーニングと言いつつ、楽しそうですね! 昔からトレーニングは好きだったんですか?

水樹:子どもの頃は体育が苦手でした。走ることは好きなんですけど、それ以外の競技系とかはあんまり好きじゃなかったんです。苦手意識があったのに、大人になってから目覚めてしまったんですよね。

──何かきっかけはあったんですか?

水樹:ライブですね。ライブのステージで走り回りながら歌いたいなって思って、そこから少しずつ始めたのがきっかけです。1回やると止められないんですよね。

──ライブに合わせて内容も変えているんですか?

水樹:そうですね。“スタミナを強化させたい”とか、“スタジアムとかでやるときもっと動けるようにしたい”とか。“ダンス曲が多いからこういうところを鍛えたい”とか、“露出の多い服があるから腹筋を綺麗に見せたい”とか……。いろいろと目的に応じてやっています。

──そして、キツイトレーニングメニュー第1位は「ウォーターバッグを使った腹筋」。

水樹:これは今年から導入したトレーニングなんですけど、空気で膨らむウォータータンクがありまして、そこに水を入れることで重量をその都度変えられるんですよね。持ち運びもできるから、ツアー先などでも“アップ”で使うことがあるんですけど、私がやったなかで一番キツイのは、このウォーターバッグを装着してV字腹筋をやるんです。

水なのでユラユラするじゃないですか。なので、負荷がかかって大変なんです。以前は、3キロぐらいの重りを足に挟んでやっていたんですけど、それじゃあ効きが浅いと言われ、水をコントロールすることでいろんな角度から腹筋にアプローチできると教えてもらいました。

──水樹さんはオリジナルのトレーニンググッズも販売してるんですよね。

水樹:そうなんです! このグッズは去年生まれたんですけど、「セラバンド」というゴムバンドで、腹筋や肩周りにも使えるんです。肩甲骨を寄せるような動きなどもできるトレーニングバンドです!

(水樹奈々さんは2019年12月8日(土)、TOKYO FMの番組「JA全農 COUNTDOWN JAPAN」に出演しました)

最終更新:2019/12/9(月) 17:10
TOKYO FM+

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事