ここから本文です

【阪神JF】川田「敗因をこれから探したい」レース後ジョッキーコメント

2019/12/9(月) 6:11配信

競馬のおはなし

 12月8日、阪神競馬場で行われたG1・阪神ジュベナイルフィリーズは、4番人気に支持されたレシステンシアがレコードタイムで逃げ切りを決めた。この勝利で無傷の3連勝とし、来年のクラシックへ向けて弾みのつく1勝となった。圧倒的人気に支持されたリアアメリアは6着敗退。

阪神ジュベナイルフィリーズ、レース後ジョッキーコメント
1着 レシステンシア
北村友一騎手
「強かったですね。元々良いスタートさえ切れれば先行するスピードは十分にあると思っていたので、道中リラックスして運べることだけを常に考えて運んでいました。結構なラップで行っていたと思うんですけど、それでも右から左へと手前ばかり変えていたので、ずっと終始ふわふわしているような乗っている側としてはそういう感覚でいて、手応えがあるかと言われると、手応えはもちろんあるんですけれども少し半信半疑というかそういう感じの手応えで回ってきました。2戦目乗せていただいて課題だと思っていたメンタルが落ち着いてくれればいいなということを課題に挙げていたんですけど、そこも3戦目でお客さんが多い中どっしりと今日は落ち着いていたので、その辺も良くなってきているなと感じました。僕自身も今年初めてG1を勝たせていただきましたけど、こうやってまた新たに(松下武士調教師に)G1をプレゼント出来たっていうのは自分としてすごく嬉しく思います。まだまだ粗削りな部分はあるんですけど、十分今日でも通用するスピードを見せてくれましたし、本当に強い内容でまだまだポテンシャルは秘めているなという可能性を持っていますのでまた応援よろしくお願いします」

2着 マルターズディオサ
田辺裕信騎手
「スタートもクリアして理想の競馬ができました。よく踏ん張っているのですが…」

3着 クラヴァシュドール
藤岡佑介騎手
「予定通りの競馬ができました。勝ち馬が楽をしていたので早めに動いていきましたが、離されてしまったあたりは現状の力の差だと思います」

4着 ウーマンズハート
W.ビュイック騎手
「今日の馬場や枠を考えて、前めから強気な競馬をしましたが相手が強かったです」

1/2ページ

最終更新:2019/12/9(月) 6:11
競馬のおはなし

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

あなたにおすすめの記事