ここから本文です

アラサー女子憧れジュエラーのリング図鑑「カルティエ編」|2020年最新・婚約指輪選び

2019/12/9(月) 22:30配信

magacol

王道のクラシック、モダンでこなれたスタイル、それぞれ理想の花嫁姿は違っても、リングは“憧れジュエラー”で選びたい。積み重ねてきた歴史と、確かな技術力でつくられる1点こそ、2人の絆と未来を象徴するのにふさわしいのだから。

アラサーの憧れジュエラー

Cartier「カルティエ」

「宝石商の王」らしい優雅で美しいダイヤモンド

リング「カルティエ デスティネ」〈Pt×Dセンター1.00ct〉¥2,044,800[〈Pt ×Dセンター0.50ct~〉¥974,900~]

ピアス〈WG×D〉¥804,100(ともにカルティエ/カルティエ カスタマー サービスセンター)

ドレス[レンタル]¥680,000(Reem Acra/ザ・トリート・ドレッシング)

やさしい曲線やパヴェダイヤの繊細さなど、女性の理想を形にしたリングたち。リング右から モデルと同じ リング「ソリテール 1895」〈Pt×Dセンター1.26ct〉¥3,239,800[〈Pt×Dセンター0.30ct〉¥569,800~]リング「バレリーナ」〈Pt×Dセンター1.15ct〉¥2,724,800[〈Pt×Dセンター0.50ct~〉¥1,009,900~](すべてカルティエ/カルティエ カスタマー サービスセンター)

※文中の素材表記はD=ダイヤモンド、PG=ピンクゴールド、Pt=プラチナ、RG=ローズゴールド、WG=ホワイトゴールド、YG=イエローゴールドです。
撮影/市原慶子(人物)、ケビン・チャン(静物)モデル/入夏 ヘアメーク/TOMIE(nude.) 編集/本間万里子

最終更新:2019/12/9(月) 22:30
magacol

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事