ここから本文です

帰省ストレスでドッと疲れていた私が「やめてよかった」2つのこと

2019/12/9(月) 10:15配信

LIMO

年に数回だからとはいえ、ストレスが大きい義実家帰省。周囲では「帰省の1か月前から憂鬱」「義両親がいい人でも毎度の帰省は重荷」「台所仕事や親戚回りで忙しくて仕事より疲れる」という声も聞こえてきます。

「年に数回くらい頑張って」という声もありますが、それも所詮は精神論。帰省は男性に比べ女性の負担が大きく、精神的、肉体的負担も大きいのです。妻、母、嫁という役目を負う女性にだって、自分を大切にする権利はあってよいはずでしょう。

年末年始の帰省で今までのようにドッと疲れないために、実際に筆者がやめて良かったことをエピソードとともに2つご紹介します。

自分の気持ちを奥にしまい込んで無視すること

妻であり、母であり、嫁という3つの立場を抱えると、奥にしまい込んで無視してしまいがちなのが「素の自分の気持ち」。本当は会いたくないのに、無理して義家族に会う女性は多いですよね。

筆者も元々は3カ月に1回は義実家へ帰省していました。「子どもたちは義家族に会えて喜ぶし、近くに住んでいる甥や姪たちとも遊べて楽しそうだから」「夫も帰省したいだろうし」など、良かれという気持ちでいざ義実家へ。

しかし滞在中に「なんだか気持ちが落ち込む」「便秘になった」といった症状が出始め、無事帰宅するも吹き出物ができたり、疲れて半日動けなかったり、3日は気持ちが塞いだりするのです。

何でこんなに疲れるんだろう…と考えると、仕事をしている筆者にとって、3カ月ごとに帰省するのは大変だから。

本当は休みたい休日に、義両親に気を遣いながら家事手伝いをしたり、お風呂でも寝る部屋でも緊張しっぱなしでいることは休んだ気がせずストレスでした。

義家族は長く付き合う相手だからこそ、無理は続きません。なんとか我慢しても、体調や美容、メンタルに悪いだけです。そして義実家というアウェイな環境で、自分を大切にしてあげられるのは自分だけ。

そう気付いてからは、他の予定を入れたり、「体調が悪い」「仕事が入った」と言って帰省の頻度を段々と減らしていきました。

また、滞在日数も1泊や日帰りへと減らしました。相手が年上だからこそ、嘘も方便。自分の心の安定を守るために、今では帰省は年2回の1泊2日に。

子どもが小さいのでまだムリですが、夢は今話題の父子帰省。話題になってるからこそ取り入れたいと思っています。

1/2ページ

最終更新:2019/12/9(月) 12:30
LIMO

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事