ここから本文です

「私はマルチに負けたのか…」お金と恋愛の落とし穴にはまった3人のアラサーOL

2019/12/9(月) 20:16配信

LIMO

お金と恋愛には何かとトラブルがつきもの。「事実は小説より奇なり」とも言いますが、思わず首をかしげたくなるような事態も少なくありません。そこで今回は、アラサーOL3人に聞いた、お金と恋愛に関するトラブルについて紹介します。

まさかの金ヅル扱い? ひたすら借金を繰り返す男

ある地方銀行に勤めるAさん。5年前の恋愛のことを教えてくれました。Aさんは当時、25歳で社会人としてまだ駆け出しの頃。支店での営業が厳しく、癒しを求めていたのかも…と語ります。

そんなAさんが出会ったのは、声優を目指す1つ年下の男性でした。Aさんはアニメが好きだったこともあり、出会ってすぐに意気投合。声優業界のことを話してくれる彼にどんどんのめり込んでいったと言います。

当時の彼はまだ声優として売れてはいなかったものの、たまに端役で仕事がもらえていたとのこと。しかし、それも「今となっては本当かわからない。当時は『この役だよ』って言われて『すごい!』なんて浮かれていたけれど、クレジットに彼の名前があったかまで確認しようなんてつゆほども思わなかった」とAさん。

最初はいいお付き合いができていたようですが、そのうち彼の様子が変わっていったと言います。「地方へロケに」とか「地方で仕事がある」と言い、交通費は自腹だからとAさんにお金を借りるようになったのだそう。そして次第にエスカレートしていき、大金を借りるように。

「今度の仕事が取れたら返せるから20万円貸してほしい」とか「ステップアップのために有料のワークショップを受けたい。劇団のプロの人が指導してくれるから結構高くて35万円かかるけど、そのあとその指導してくれる人から仕事を紹介してもらえる」などの言葉でAさんを翻弄しました。

Aさんは「ボーナスだけじゃ足らずに、親が貯めてきてくれたお年玉にも手を付けた自分が情けない」とため息をつきます。「当時はまだ、自分を騙そうとする人がいるなんて思いもしなかったし、『彼はいつか有名声優になる。世間が彼の魅力に気づく前から彼を支える、いい奥さんになる』と思っていた」と話してくれました。

ちなみに、彼とはある日突然連絡が取れなくなり、そのまま音信不通。もちろん、声優として活躍している様子はないとのことでした。

1/2ページ

最終更新:2019/12/9(月) 20:16
LIMO

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事