ここから本文です

新婚・安藤なつ、結婚をきっかけに健康を意識 抱負は「不老不死」

2019/12/9(月) 14:23配信

クランクイン!

 お笑いコンビ・メイプル超合金(カズレーザー、安藤なつ)が9日、都内で行われたアニメーション映画『ヒックとドラゴン 聖地への冒険』の大ヒット祈願イベントに俳優の松重豊と参加した。

【写真】メイプル超合金、巨大な龍と共に登場 『ヒックとドラゴン 聖地への冒険』イベントの様子


 本作は、世界54ヵ国でNo.1メガヒットを記録している、人気アニメーションシリーズ『ヒックとドラゴン』最終章。バイキングの少年ヒックと伝説のドラゴン・トゥースの冒険を描く。

 同イベントで願い事を聞かれた新婚の安藤は“不老不死”と返答し「(結婚して)守られるべき体なので、自分でも守ろうと思った。自分だけの話ではなく、旦那様にも守ってもらう体なので、健康になろうと思った」と結婚を機に心境変化。

 “不老不死”というワードをチョイスした理由については「周りから健康大丈夫? とか痩せろ! とか言われるので、だったら死なないようにすればいいと思ったから。健康云々言われるならば、死なないようにすればいいだけ」と独自の哲学を披露していた。

 ドラゴンハンター・グリメル役の日本語吹き替え版声優を務めた松重は「自分が声を当てていることを忘れるくらい物語に没入したし、どんな年齢の人が観ても面白い作品。どこから切り取っても味わいがあり、CG技術もすごくて画がクリア。キャラクターの動きも役者がやるよりリアル。僕らも失業の危機を感じます」とアピール。

 一方、映画にちなんで“絆”エピソードを聞かれた安藤は「自宅にたこ焼き機が5台あって、旦那さまから『何台か捨てないか?』という依頼があった。でもこれは申し訳ないけれど、捨てられない。まだ置かせてもらっています」とたこ焼きとの“謎の絆”を力説していた。

 映画『ヒックとドラゴン 聖地への冒険』は、12月20日より全国公開。

最終更新:2019/12/9(月) 14:23
クランクイン!

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事