ここから本文です

純白の民族衣装を着た村人、不思議な壁画と描かれるすべてが怖い!『ミッドサマー』場面写真到着

2019/12/9(月) 8:00配信

Movie Walker

『へレディタリー/継承』(18)で鮮烈なデビューを飾ったアリ・アスター監督と数々の話題作を送りだす映画製作会社の「A24」が再びタッグを組んだ『ミッドサマー』が2020年2月21日(金)から公開される。このたび、本作で展開される恐怖の数々を予感させる場面写真と特別画像が到着した。

【写真を見る】顔を歪ませて泣き叫ぶ主人公ダニーになにが起こったのか…

不慮の事故により家族を失ったダニーは、大学で民俗学を研究する恋人や友人ら5人と “90年に1度の祝祭” が開かれるスウェーデンの奥地にある村を訪れる。夏至により太陽が沈まなくなったその村は、美しい花々が咲き乱れ、優しい住人が陽気に歌い踊る楽園のような場所だったが、次第に不穏な空気が立ち込め、ダニーの心はかき乱されていく…。

本作の主人公であるダニー役には、2020年5月1日の公開が発表されたマーベル・ユニバースシリーズ最新作『ブラック・ウィドウ』にも出演するフローレンス・ピュー。また『トランスフォーマー ロストエイジ』(14)のジャック・レイナー、『デトロイト』(17)のウィル・ポールター、『ベニスに死す』(71)のビョルン・アンデルセンら実力派キャスト陣も集結している。

到着した場面写真では、ダニーら大学生5人が村を訪れた様子や、純白の民族衣装に身を包み優しい微笑みで村へと招き入れる村人たちと、美しい風景が広がる村の様相が映しだされているが、打って変わって顔を歪ませながら泣き叫ぶダニーの表情も捉えらている。

また、あわせて不思議な壁画を映しだした特別画像も到着。目から血のようなものを流す2人の女性の姿や、太陽下、腕から血を流しながら儀式のような行為を行う人々の姿が描かれており、はたしてこの壁画がなにを意味するのか、そしてこの村にどんな恐怖が待ち受けるのか。注目せずにはいられない。

今年開催された第32回東京国際映画祭で先行上映された際、「美しいのに恐ろしい」「すべてにおいて『ヘレディタリー』を超えている」「恋人がいる人は観ない方がいい」などの感想がSNS上を飛び交い話題騒然となった本作。悪夢のような想像を絶する恐怖を、ぜひ体感してほしい!(Movie Walker・文/編集部)

最終更新:2019/12/9(月) 8:00
Movie Walker

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ