ここから本文です

【MLB】エンゼルスがオフの主役に名乗り! コールら大物FA獲得に向けオーナー「資金面で制限なし」

2019/12/9(月) 18:58配信

Full-Count

エプラーGMがモレノ球団オーナーから「自由に使える金額」の戦力補強費を確保

 エンゼルスがオフの主役になる可能性が出てきた。今オフのFA市場で目玉となっているゲリット・コール投手らの獲得に向けアルテ・モレノ球団オーナーが“潤沢な資金”を用意したことを米メディアが伝えている。

【写真】「2人の天使だ」とファン大絶賛! 米有名人気“美人”レポーターが大谷翔平の腰に手を回し…笑顔2ショット写真を公開

 ついにエンゼルスが“本気モード”に突入した。地元紙「ロサンゼルスタイムス」は「ビリー・エプラーがついに資金力を手にした」との見出しで、エプラーGMが今オフの補強資金を確保したことをレポート。記事では「これまでと違い今回は1つ変わったことがある。それは彼が自由に使える金額である」と、エプラーGMがモレノ球団オーナーから「資金面で制限なし」の許可を得てことを伝えている。

 エンゼルスは近年、オフの戦力補強では消極的な姿勢がみられており「これまでは、資金面でエンゼルスは苦い思いをしてきた」と、昨年はパトリック・コービンとネイサン・イオバルディと契約することに失敗したことを言及。

 今オフの目玉となっているコールにはヤンキース、ドジャースなどが獲得に興味を示しているがエンゼルスも金銭面では負けない準備が揃ったといえる。だが、記事ではコール獲得に向け大型契約だけでは厳しいことも言及しており「プレーオフ進出できる準備が出来ていると、(選手に)納得させること」を一つの条件に挙げている。

 大谷の二刀流復活、トラウトの存在、有望プロスペクトであるジョー・アデルの期待感などプレーオフ進出に向けた“要素”をFA選手たちに伝える必要があることを指摘。今シーズンはア・リーグ西地区4位に終わったが「十分な資金と、豊富な有望プロスペクトを装備したエンゼルスは、ウインターミーティングだけでなく、その後も球界で最も活発な球団になるのでないだろうか」と大きな期待を寄せていた。

Full-Count編集部

最終更新:2019/12/9(月) 18:58
Full-Count

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事