ここから本文です

住民寄贈のドローン活用へ職員講習 松野

2019/12/9(月) 10:50配信

愛媛新聞ONLINE

 住民から寄贈された小型無人機ドローンを生かそうと、愛媛県松野町の職員2人が11月末、運転講習を受講した。今後さまざまな場所で運用し、町政に活用していく。
 ドローンは昨年末に「災害対策などで生かしてほしい」と申し出た同町松丸の歯科医芝五鈴さん(72)からの寄贈品。町は山林の保護管理や文化財の撮影などに活用しようと、職員の受講費約41万円を本年度当初予算に計上していた。

愛媛新聞社

最終更新:2019/12/9(月) 13:10
愛媛新聞ONLINE

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事